東京都内

奥山整形外科(文京区)のAGA治療について

奥山整形外科ってどんなクリニック?

奥山整形外科は文京区で整形外科・小児外科をメインに診療しているクリニックです。

特に骨粗鬆症の治療で有名な病院のようです。

骨や関節の病気を治療する一般的なクリニックではあるのですが、自由診療の一環としてAGA治療薬の処方もしています。

このページでは奥山整形外科の整形外科としての面ではなく、AGA治療に関してのみ解説していきたいと思います。

【関連記事】

奥山整形外科でのAGA治療の特徴

治療内容は「プロペシア」か「ザガーロ」の処方のみ

奥山整形外科でのAGA治療は、AGAの原因物質が作られないようにする効果がある「プロペシア」と「ザガーロ」の処方です。

プロペシアかザガーロを飲んでいる間はAGAの進行が止まるため、あとは時間をおけば自然と毛が生えてくるようになるというのがこの治療のスタンスです。

簡単に言えば「抜け毛を止めて、毛が生えてくるのを待つ」治療というわけですね。

東部の写真撮影で治療の進行具合をチェック可能

奥山整形外科では診察を受けるたびに頭髪の写真撮影を行なっています。

薬を何ヶ月分もまとめて処方してもらわない限りはだいたい1ヶ月に1回診察を受けることになるので、1ヶ月ごとの治療経過が写真として残るわけです。

これにより、本当に薄毛が治っているのかといったことや薄毛がどういった治りかたをしているのかを知ることができます。

薄毛治療は1日2日で治るようなものではなくゆっくりと改善していくので、写真で違いを見比べられるのは大きな利点ですね。

奥山整形外科で治療を受ける際の注意点

AGA治療を専門としているクリニックでは、投薬治療にプロペシアとザガーロだけでなく「ミノキシジル」という薬を使うのが一般的です。

なぜなら、AGAの影響を受けてきた毛根は正常に毛を生やせるようになるまでに長い時間を必要としてしまうことが多いからです。

論理的にはプロペシアでAGAによる抜け毛を止めれば毛が生えてくるようになるのですが、実体としてはプロペシアのみでの治療はほとんど現状維持しかできないのが現状なのです。

ですが、奥山整形外科ではミノキシジルの処方を行なっていません。

つまり、奥山整形外科では現状維持の治療しかできないのです。

現状維持や緩やかな改善でもいいのであれば問題はありませんが、AGAの進行が進んでいてできるだけ早くフサフサになりたいと考えているのであればミノキシジルを処方してくれるクリニックでの治療も検討した方がいいでしょう。

奥山整形外科の詳しい情報をホームページで確認!

【関連記事】

閉じる