発毛剤

フィナステリドの効果と副作用を徹底解説!

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは『プロペシア』や『ファイザー』、『フィンペシア』といったAGA治療薬に含まれている有効成分「フィナステリド」について解説します。

フィナステリドとは?

フィナステリドとは、AGA治療薬である『プロペシア』に配合された有効成分です。

もともとは前立腺肥大症という男性ホルモンの病気を治すための薬として開発されていたのですが、研究中にAGAの治療効果も見つかったためにAGA治療薬として使われるようになりました。

現在ではプロペシアの特許が切れているため、プロペシアだけでなく『ファイザー』や『サワイ』といったジェネリック医薬品が国内で作られているほか、インドなどの外国でも『フィンペシア』などのジェネリック医薬品が作られています。

フィナステリドの効果〜なぜフィナステリドでAGAが治るのか?〜

フィナステリドがなぜAGAを治療できるのかという秘密はAGAのメカニズムに存在します。

AGAによる抜け毛のメカニズム

AGAによって毛が抜けてしまう仕組みは大きく分けて、次の3つの段階に分かれています。

  1. 「5-αリダクターゼ」という酵素が「DHT」という男性ホルモンを作り出す。
  2. 「男性ホルモン受容体」と呼ばれるものが遺伝していると、その受容体がDHTを脱毛を促す因子に変えてしまう。
  3. 脱毛を促す因子が毛根に働きかけ、毛が十分に成長する前に抜けさせてしまう。

このように、5-αリダクターゼがDHTを作り出したことを皮切りに、連鎖反応のように悪いことが起こっていって「薄毛」という結果を導き出しているわけですね。

AGAのメカニズムをより詳しく知りたい、という方は「AGA(エージーエー)とは?男性型脱毛症・壮年性脱毛症の原因と治し方!」にて解説していますので、こちらも参考にしてください。

フィナステリドがAGAを止めるメカニズム

AGAは上記のドミノ倒しのような連鎖で髪の毛が抜けてしまっているわけですが、連鎖であるがゆえに治療の仕組みはとても簡単です。

なぜなら、これらすべての段階をどうにかする必要はなくて、どこかひとつだけでもドミノを止めることができれば、ゴール地点である「薄毛」は起こらないということになるからです。

そしてフィナステリドはこの3つのドミノのうちのひとつめ、5α-リダクターゼを阻害することでDHTの生産を阻害するという効果を持っています。

DHTが作られなければ、男性ホルモン受容体が脱毛を促す因子を作ることもなく、脱毛を促す因子がなければ毛が抜けることもない。よって薄毛が改善される。こういう仕組みなわけです。

フィナステリドはどれくらいの期間飲み続ければいいの?

AGAクリニックでよく言われるのが効果が出てくるまでには最低半年から1年の服用が必要というものです。

実際にフィナステリド配合の治療薬『プロペシア』の臨床試験では1年間飲み続けたグループで58%、2年間のグループで68%、3年間のグループでは78%の人に改善効果が確認されました。

時間をかけるほど改善効果が高くなるので、フィナステリドは根気強く使い続けたいですね。

フィナステリドの副作用と初期脱毛

フィナステリドの副作用は大きく分けて3つあります。

それぞれ「初期脱毛」「性機能低下」「肝機能障害」です。

最初の1~2ヶ月は初期脱毛で毛が抜ける

フィナステリドの服用を開始すると、最初の1~2ヶ月あたりは大量に抜け毛が発生します。

これは初期脱毛といってもっと後に抜けるはずだった毛が前倒しで一気に抜けてしまう現象です。

本来は成長が止まった毛は毛穴に刺さったまま自然と抜け落ちるのを待っています。

しかし、フィナステリドを使うと新しく毛が作り出されるのが早まるため、新しく作られた毛が古い毛を押し出してしまいます。

そのため、本来は2ヶ月ほどかけて抜けるはずだった毛が一気に抜け落ちてしまうのです。

初期脱毛は副作用と言えば副作用ですが、薬の効果が現れてきた証拠でもあり、必ず収まるものなので気にする必要はありません。

初期脱毛については「初期脱毛が起こる原因とその期間」で解説していますので、より詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

性欲減衰、勃起不全などの「性機能低下」

ストレスを感じている男性

フィナステリドが配合された治療薬『プロペシア』の臨床試験では性欲減衰や勃起不全といった性機能の低下がわずかながら見られました。

48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)等であった。

これはフィナステリドがもともと「前立腺肥大症」という病気の治療薬として開発された成分であるために起こった副作用だと考えられます。

前立腺肥大症は男性ホルモンによって起こる病気なので、治療のためには男性ホルモンを減少させる必要があります。その男性ホルモン減少効果によって性機能が低下してしまうのです。

ただ、データでも出ているように副作用の発現率は合計しても1.8%とかなり低いです。

ほとんど起こらないといってもいいくらいの割合なので、深く気にする必要はないでしょう。

肝臓の機能に異常が出る「肝機能障害」

臨床試験時には確認されていませんでしたが、その後の使用試験において2例だけ肝機能障害の副作用が確認されています

943例中5例(0.5%)に5件の副作用が認められた。主な症状はリビドー減退2例(0.2%)、肝機能障害2例(0.2%)等であった。

肝機能障害が起こってしまう原因はフィナステリドの分解が肝臓で行われているためだと考えられています。

健康的な人であれば大丈夫なのですが、肝臓の機能が弱い人はフィナステリドを分解することが肝臓の負担となってしまうのです。

肝機能障害の発症例は0.2%と極めて稀ですが、肝臓が弱い人は使うのを控えるか、医師との相談の上で服用するのが望ましいですね。

フィナステリドの注意点

NG行為

フィナステリドを使っていく上で注意しなければいけないのは次の3点です。

  • 女性や子供の患者は飲んではいけない
  • 円形脱毛症のようなAGA以外の脱毛症には効果がない
  • プロペシア服用中は献血をしてはいけない
  • プロペシア単体では現状維持程度の効果しかなく、ミノキシジルとの併用が必要になってくる

女性や子供の患者はフィナステリドを使えない

女性や子供の患者はフィナステリドを使うことを禁じられています。

これはフィナステリドに男性ホルモンのはたらきを抑える効果があるからです。

男性ホルモンを大量に分泌している成人男性であれば少しくらい男性ホルモンの働きが弱ったところで問題ありませんが、男性ホルモン分泌量の少ない女性や子供はフィナステリドの男性ホルモン抑制効果が健康や成長に致命的な打撃を与える可能性があるのです。

特に妊娠している女性、授乳中の女性は絶対にプロペシアを服用しないでください。妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、胎児にまで影響を及ぼすおそれがあります。

円形脱毛症などには効かない

フィナステリドはAGAの原因を抑えることで抜け毛を治す薬ですのでAGA以外の脱毛症にはいっさい効果がありません。

たとえば免疫が原因で起こる円形脱毛症や、物理的な抜け毛である牽引性脱毛症などは原因が違うので効果がないのです。

フィナステリドの服用中は献血ができない

上で説明したように、フィナステリドが妊娠中の女性の体内に入ると胎児に悪影響が出てくるおそれがあります。

これはフィナステリドはを直接飲むだけでなく、服用している男性の血液が妊娠中の女性の体内に入っても危ないため、それを防ぐためです。

なお、献血可能になるのはフィナステリドの服用を止めてから1年後とされています。

これは体内からフィナステリドはがなくなるまでの期間(半減期)が1年間だからです。

フィナステリドだけでは現状維持程度の効果しかない

フィナステリドは男性型脱毛症の原因となっている物質を阻害する効果のある薬です。

しかし逆に言えば原因を取り除いているだけなので、髪の毛が見違えるように生えてくるわけではありません。直接的に髪の毛を生やす効果はありませんからね。

いくらAGAの原因を阻害して抜け毛の量を減らしたとしても、抜け毛が完全になくなるわけではありません。

阻害された薄毛の進行スピードよりも自分の髪の毛の成長スピードが遅いと、症状も現状維持や緩やかな改善レベルに収まってしまうのです。

もしガッツリと改善していきたいなら毛を生やす効果のある薬「ミノキシジル」との併用が必要になってきます。

フィナステリドはミノキシジルと併用することで「AGAの原因を抑える」ことと「毛を生やす」ことが両立できるようになるのです。

詳しくは「プロペシアとミノキシジルの併用」で解説していますのでこちらを参考にしてください。

フィナステリドの入手方法と価格

フィナステリドを手に入れる方法は「病院で処方してもらう」方法と「個人輸入で海外から通販する」方法のふたつがあります。

皮膚科やAGAクリニックで処方してもらう

問診する医師

フィナステリド配合の医薬品『プロペシア』は「医療用医薬品」といって、医師の処方箋がなければ買えない薬です。

よって、手に入れようとするなら薄毛治療を専門としているAGAクリニックか皮膚科を受診する必要があります。

AGA治療は現在の法律では保険が適用されないため、AGAクリニックに行っても皮膚科に行ってもだいたい1ヶ月分で5000円~7000円ほどの金額がかかります。

皮膚科に行ったところで保険が効かないので、個人的にはAGAクリニックの受診をおすすめしています。AGAクリニックの医師は薄毛を専門としていますが、皮膚科の医師は薄毛を専門としていないからです。

値段が変わらないならより専門的な病院に行ったほうがいいですからね。

個人輸入(海外から通販)を行なう

個人輸入

フィナステリドを手に入れるもうひとつの方法が海外から薬を通販する個人輸入です。

日本でフィナステリド配合の薬を手に入れるためには医師の処方箋が必要なのですが、実は他の国では薬局で買うことができるんですね。

なので、医者に行くのではなくその国から通販しようというのがこの方法です。個人的に輸入行為を行なうことから「個人輸入」と呼ばれています。

個人輸入だとプロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)が1ヶ月分1000円ほどで買えます。クリニックで処方されるものよりも圧倒的に安いため、コストパフォーマンス重視の人は個人輸入でジェネリック医薬品を購入することが多いようです。

ただし、個人輸入にも大きな欠点があります。どんなに重い副作用が出たとしても国が保証してくれず、相談する医師もいないのです。安心・安全面での不安が大きい点には注意が必要ですね。

個人輸入については「個人輸入を徹底解説」で詳しい解説をしているのでこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

フィナステリドは世界で初めてAGAの治療薬として開発された画期的な成分です。

原因を阻害することから根本的な治療が可能で、AGAによる抜け毛を抑えることができます。

しかし、抜け毛を抑えるだけで毛を生やす効果がないことからミノキシジルとの併用が推奨されるなど、万能というわけではないのも事実です。

また、AGA以外の薄毛にはまったく効果がありませんのでその点にも注意しましょう。

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング