発毛剤

プロペシアが医療費控除の対象になるのか徹底解説!

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは、プロペシアが医療費控除の対象になるのかを徹底解説しています。

そもそも医療費控除って?

医療費控除とは、1年間で10万円以上の医療費を支払っている場合、納めた税金の一部が還付されるという救済措置のことです。

つまり、簡単に言えば「医療費がたくさんかかってしまった人は少し税金を安くしてあげよう」というシステムですね。

ちなみに、ここでいう「医療費」は医療保険が適用されない自由診療も含みます。

AGA治療は医療費控除の対象になる!

医療費控除についての説明が終わったので、まずは結論から言ってしまいましょう。

プロペシアは医療費控除の対象になります。

「プロペシアは」というよりも、AGAの治療を医療機関で受けた場合は基本的に対象になるようです。

なぜかというのはコレを見てもらえればわかると思います。↓

医療費控除の対象となる医療費は次のとおりであり、その病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額とされています。

1 医師又は歯科医師による診療又は治療の対価(ただし、健康診断の費用や医師等に対する謝礼金などは原則として含まれません。)

2 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価(風邪をひいた場合の風邪薬などの購入代金は医療費となりますが、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。)

3 病院、診療所、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、指定介護老人福祉施設、指定地域密着型介護老人福祉施設又は助産所へ収容されるための人的役務の提供の対価

4 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価(ただし、疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。)

5 保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の対価(この中には、家政婦さんに病人の付添いを頼んだ場合の療養上の世話に対する対価も含まれますが、所定の料金以外の心付けなどは除かれます。また、家族や親類縁者に付添いを頼んで付添料の名目でお金を支払っても、医療費控除の対象となる医療費になりません。)

6 助産師による分べんの介助の対価

7 介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価

8 介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額

かなり長いですが、大切なのは1番と2番です。

AGAクリニックと聞くと「病院じゃない感じがする」と思う人も多いと思いますが、AGAクリニックも立派な医療機関です。

つまり、AGAであっても基本的に「治すため」であれば医療費控除の対象になるんですね。

医療控除の注意点

ただし、これは飽くまでも医療機関で処方してもらったらの話です。

詳しくは「AGA治療薬のミノタブやプロペシアジェネリックを海外から通販!個人輸入代行を徹底解説!」を見てもらいたいのですが、AGA治療薬を入手する方法の1つとして個人輸入というものがあります。

個人輸入をすれば、日本で入手できるものと同じ効果を持った薬が安く医師の処方なしに購入できます。

しかし、個人輸入で手に入る薬は医師の処方を受けておらず、さらに言えば日本で認可されていないため、医療費控除の対象外になってしまうんです。

このルールにも色々複雑な部分があるんですが、私達の認識としては「医者に処方してもらう薬、もしくは日本で認可されている薬以外は対象外」で大丈夫です。

治療法や場合によっては医療費控除の対象外になることも!

AGA治療が医療費控除の対象だと説明したばかりですが、実はAGA治療が医療費控除の対象外になることもあります。

なぜかというと、医療費控除を管理する国税庁の「医療費控除を受けられる方へ」で、以下のように記載されているからです。

控除の対象に含まれないもの(例示)

○ 容姿を美化し、容ぼうを変えるなどの目的で行った整形手術の費用

○ 健康診断の費用(※3)

○ タクシー代(電車やバスなどの公共交通機関が利用できない場合を除きます。)

○ 自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車料金

○ 治療を受けるために直接必要としない、近視や遠視のための眼鏡等の購入費用

ずらりと並びましたが、この中で今回大切なのは1番目のみです。

「容姿を美化し、容ぼうを買えるなどの目的で行った整形手術の費用」

これがAGA治療にもに当てはまることがあるんですね。

ハゲ・薄毛の治療として有名な「自毛植毛」はこれに抵触するでしょう。

他にも医療費控除を担当する人によっては「AGA治療は美化目的だから対象外」ということもあるようなんです。

このあたりは担当者によって認識が違うこともあるようなので、不安でしたら一度国税庁に問い合せてみてください。

医療費控除対象の場合に返ってくる大体の金額

AGA治療で医療費控除が受けられるとは言いましたが、実際どのくらいの金額が返ってくるのかを説明します。

実は、医療費控除によって還付される金額はきっちりと計算式で決まっており

(医療費-医療保険などで補填される金額-10万円)×所得税率=返ってくるお金

となっています。

これだけでは少しわかり辛いと思うので例を挙げると

  • 年収400万円
  • 毎月10,000円のプロペシアを購入

という人がいるとします。

この人は10,000円×12で合計12万円になるので、まず最初のステップ「医療費金額10万円以上」をクリアしています。

そして、AGA治療は自由診療ですから補填金額は0円、年収が330万円~695万円の人の所得税率は20%です。

これを上の式に当てはめると

120,000円-0円-100,000円=20,000円

20,000円×0.2=4,000円

つまり120,000円払っていた内の4,000円が戻ってくるんですね。

4,000円と聞くとかなり安く聞こえますが、医療費控除は自分の家族の分も一緒に申請できます

なので、あまりないとは思いますが、上の例に上げた人の息子が同じ治療を受けていると

240,000円-0円-100,000円=140,000円

140,000円×0.2=28,000円

とかなりの額が返ってくるようになります。

仮に別々に申請したら合計8,000円しか返ってきませんから、申請できる分はまとめて申請したほうがかなりお得ですね。

医療費控除に必要な準備

それでは、ある程度医療費控除についてわかってもらえたと思うので、医療費控除を申請する準備を簡単に紹介したいと思います。

実際に手続きをする方法に関しては「国税庁のホームページ」をご覧ください。

必要書類を用意する

書類の記入

まずは医療費控除の申請に必要な書類を集めましょう。

必要な書類は以下のとおりです

医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などに基づき、医療費の額など定められた事項の記載がある明細書、又は医療保険者(注2)から交付を受けた医療費通知書(医療費の額を通知する書類で、健康保険組合等が発行する「医療のお知らせ」などが該当します。)を確定申告書に添付してください。

 

また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も添付してください。

※ 医療費の額など定められた事項とは、次の事項をいいます。

  • 1 医療費の額
  • 2 診療等を受けた者の氏名
  • 3 診療等を行った病院、診療所その他の者の名称又は氏名
  • 4 その他参考となるべき事項

1 確定申告書の提出の際に、医療保険者から交付を受けた医療費通知書を添付した場合における当該医療費通知書に係る医療費の領収書

2 電子申告(e-Tax)で確定申告を行った際に、医療保険者から通知を受けた医療費通知情報で、その医療保険者の電子署名及びその電子署名に係る電子証明書が付されたものを医療費の明細書として送信した場合における当該医療費通知情報に係る医療費の領収書

長々といろいろ書いてありますが、要するに「治療したって証明できる領収書を用意する」ってことですね。

領収書の他にもレシートだったり処方箋だったり、とにかく証拠になるものはすべて持っておきましょう。

あとは給料をもらっている人は一緒に源泉徴収票の原本も必要になります。

邪魔かもしれませんが、領収書は必ず保管するようにしましょう。

医療費控除の明細書を記入する

以前(平成28年度分)までは確定申告の際に提出するのは先程集めた領収書だったのですが、平成29年度分の確定申告から領収書の代わりに医療費控除の明細書を添付するようになりました。

次は医療費控除の明細書を記入しましょう。

少し見にくいかもしれませんが、明細書はこんな感じです。

これらの項目をすべて領収書等の通りに記入していくだけです。

簡単ですね。

ただし、明細書の記入が終わっても領収書は捨てないで下さい。

医療費の領収書は税務署から提示や提出を求められることがあるので、自宅で5年は保存しておきましょう

不安ならとりあえずAGAクリニックでの治療がおすすめ!

最初の方で「医療費控除の対象になるかどうか」を色々説明してきたわけですが、「これって本当に医療費控除の対象になるの?」と不安に思う人もいるとおもいます。

そんな人は、とりあえずAGAクリニックで治療を受けることをおすすめします。

絶対とは言えませんが、AGAクリニックという医療機関で治療を受けることで個人輸入などで購入するよりも医療費控除が通る確率はあがります

さらに、AGAクリニックの先生によってはAGA治療の医療費控除について詳しいこともあります

AGAクリニックは無料カウンセリングに対応していますから、詳しい先生を探すためにお金がかかりません。

「これなら通るけど、これは通らないよ」という風に教えてくれる先生を探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

基本的にプロペシアは医療費控除の対象になります。

しかし、担当者によっては「AGA治療は対象外」と認識している人もいるので、不安であれば一度電話等で確認することをおすすめします。