発毛剤

デュタステリドの効果と副作用を徹底解説

▷当サイトでは発毛剤によるAGA治療で実際に薄毛を改善しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページではAGA治療薬の有効成分「デュタステリド」について解説します。

デュタステリドとは?

デュタステリドは2015年にAGA治療薬として認可された新しいAGA治療薬の成分で、日本では『ザガーロ』や『アボルブ』という商品名で流通しています

もともとは「前立腺肥大症」という病気の薬だったのですが、AGA治療にも効果があるということでAGA治療薬として認可され、2015年からは日本でも販売されるようになりました。

作用機序(効果のメカニズム)がフィナステリドとほぼ同じなため、AGA治療を行なう際はフィナステリド錠とデュタステリドカプセルのどちらか片方を選択して使用する場合が多いです。

デュタステリドの効果

AGAの原因のひとつとなっているのが「DHT」という男性ホルモンです。

デュタステリドはそのDHTを作り出している「5α-リダクターゼ」という酵素のはたらきを阻害してDHTを作らせないようにする効果があります。

つまり、DHTを作らせないことでAGAによる抜け毛を防ぐ薬というわけですね。

フィナステリドとの効果の違い

デュタステリドと同じくDHTの生成を阻害してAGAを治療する薬に「フィナステリド」があります。

デュタステリドとフィナステリド、このふたつの違いは「阻害できる5α-リダクターゼの数」です。

実は5α-リダクターゼにはI型と呼ばれるものとII型と呼ばれるものの2種類があり、フィナステリドはこのふたつのうちのII型しか阻害することができません。

一方でデュタステリドはI型とII型のふたつを阻害することができます。

要するに、デュタステリドのほうがフィナステリドよりも効果が強いのです。

デュタステリドの前にまずはフィナステリドから?

実はAGA患者の多くはII型の5α-リダクターゼさえ阻害できればそれで十分にAGAが治療できていることが多く、I型の5α-リダクターゼがAGAに関わっている人は稀です。

そのため、まずはフィナステリドで治療して、フィナステリドが効かなかった場合により効果の強いデュタステリドが用いられることが多いです。

デュタステリドの副作用

ストレスを感じている男性

デュタステリドはフィナステリドよりも効果が強い分、副作用も強めに出てしまいます。

以下ではどのような副作用が出てくるのかを見ていきたいと思います。

最初の1~2ヶ月は初期脱毛で毛が抜ける

デュタステリドを飲み始めると最初の1~2ヶ月あたりは大量に抜け毛が発生します。

これは初期脱毛といってもっと後に抜けるはずだった毛が前倒しで一気に抜けてしまう現象です。

本来は成長が止まった毛は毛穴に刺さったまま自然と抜け落ちるのを待っています。

しかし、デュタステリドを使うと新しく毛が作り出されるのが早まるため、新しく作られた毛が古い毛を押し出してしまいます。

そのため、本来は2ヶ月ほどかけて抜けるはずだった毛が一気に抜け落ちてしまうのです。

初期脱毛は副作用と言えば副作用ですが、薬の効果が現れてきた証拠でもあり、必ず収まるものなので気にする必要はありません。

初期脱毛については「デュタステリドで初期脱毛が起こる原因とその期間」で解説していますので、より詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

性機能低下

デュタステリドは男性ホルモンの生成を抑えるため、性欲減衰や勃起障害といった性機能の低下が副作用として起こりやすいです

国内の試験では120人中20人に副作用が発生し、そのうち13人に勃起不全が確認されました。

国内の試験では 国内長期投与試験において、本剤が投与された総症例120例中20例(16.7%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全13例(10.8%)、リビドー減退10例(8.3%)、射精障害5例(4.2%)であった(承認時)。

引用元:添付文書:ザガーロカプセル0.1mg/ ザガーロカプセル0.5mg

乳房の異常

発現率1%未満の極稀に起こる副作用として乳房の痛みや違和感が確認されています。

また、更に稀ですが乳房が女性化する(膨らむ)という副作用もあるようです。

生殖系及び乳房障害

1%未満

乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)

引用元:添付文書:ザガーロカプセル0.1mg/ ザガーロカプセル0.5mg

肝機能障害

頻度不明(確認はされていないが報告はある)の副作用として肝機能障害があります。

これはデュタステリドの分解を肝臓で行っているためだと考えられます。

そのため、もともと肝臓の機能に障害を抱えている人はデュタステリドを使わないことが推奨されます

フィナステリドとの副作用の違い

フィナステリドには見られなかった乳房の異常が見られるのがデュタステリドとフィナステリドの大きな違いです。

また、全体的に副作用の発現率がデュタステリドのほうが高く、性機能低下の副作用発現率はフィナステリド(4.0%)の4倍以上になっています。

デュタステリドの方が効果が高かった分、副作用も強くなってしまっているわけです。

デュタステリドの注意点

デュタステリドには以下の禁忌があります。

禁忌
(次の患者には投与しないこと)
1.
本剤の成分及び他の5α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者
2.
女性[「重要な基本的注意」及び「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
3.
小児等[「重要な基本的注意」及び「小児等への投与」の項参照]
4.
重度の肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓で代謝されるため、血中濃度が上昇するおそれがある(「慎重投与」の項参照)。]

引用元:添付文書:ザガーロカプセル0.1mg/ ザガーロカプセル0.5mg

アレルギーの出る患者に使ってはいけない

ごく稀にですが、デュタステリドでアレルギーを起こしてしまう人がいます。

そういった体質の人はデュタステリドを使うことができません。

また、フィナステリドでアレルギーを起こしてしまう人はデュタステリドでもアレルギーを起こしてしまう可能性が極めて高いため、フィナステリドでアレルギーを起こしたことがある人もデュタステリドを使えません。

女性・子供にはNG

妊娠した女性がデュタステリドを飲んだ場合、胎児への悪影響が考えられるため女性の服用は絶対にNGです

また、デュタステリドは皮膚からも吸収される成分なので、触ることすら厳禁です。

子供に対しては安全性と薬の有効性が実証されていないためNGとなっています。

男性自身が飲む分には構いませんが、家族に女性や子供がいるかたは誤って飲んでしまわないように管理を徹底しましょう。

肝臓に障害を抱えている人の服用はNG

デュタステリドは肝臓で分解されるため、肝臓に障害を抱えている人が飲むと肝機能障害が悪化する危険性があります。

もともと肝臓の機能が弱い人はデュタステリドを飲まないようにしましょう。

まとめ

デュタステリドはAGA治療薬です。

AGAの原因を抑える効果を持っており、AGAの進行を抑えて抜け毛を止めることに大きな効果を発揮します。

ただし副作用の強さと、フィナステリドでAGAの治療が十分であるという点からいきなりデュタステリドが使われることは少なく、フィナステリド錠が効かなかったときに使われることが多いです。

フィナステリドよりも効果が強い代わりに副作用が出やすいため、「多少のリスクよりも薄毛治療をより効果的に行いたい」という人にオススメの薬と言えるでしょう。

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング