髪の毛の基礎知識

【図解つき】薄毛・抜け毛を理解する上で重要な「ヘアサイクル(毛周期)」とは?

▷当サイトでは発毛剤によるAGA治療で実際に薄毛を改善しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは髪の毛が生え変わる周期「ヘアサイクル」について解説します。

髪の毛は生え変わっている

髪の毛は1ヶ月に約1センチのペースで伸びています。

しかしそれは永遠に続くわけではなく、5〜6年ほどで成長が停止して毛は抜け落ちてしまいます。

そして毛が抜け落ちたあとの毛穴からは少しだけ期間を置いてから再び生えてくるようになります。

この「髪の毛が生える→髪の毛が抜ける→髪の毛が生える」のループのことを「ヘアサイクル(毛周期)」と呼んでいるのです。

毛周期(ヘアサイクル)とは

ヘアサイクルとは毛の生え変わりの周期のことです。

髪が長く太く成長する「成長期」、成長が衰えていく「退行期」、髪の成長が止まり抜けるのを待っている「休止期」の3つに分けられます。

髪の毛が成長し続ける「成長期」(5〜6年)

成長期は髪の毛を作っている「毛母細胞」という細胞が活発に細胞分裂を行なっている期間です。

この期間にある髪の毛は長く・太く成長していきます。

ヘアサイクルはそのほとんどが成長期で占められており、健康な人であれば頭髪全体の90%以上が成長期にあたります。期間は5年前後と非常に長いです。

髪の毛の成長が衰えていく「退行期」(2〜3週間)

毛母細胞の分裂がどんどん衰えていくのが退行期です。

2〜3週間ほどかけて細胞分裂が完全に止まり、髪の毛が成長しなくなります。

抜けるのを待つだけの「休止期」(数ヶ月)

髪の毛の成長が完全に止まってあとは抜けるのを待つだけとなったのが退行期の状態です。

この状態になると毛根も髪の毛を手放して「頭に髪の毛が刺さっているだけ」のような状態になるため、シャンプーやブラッシングなどで簡単に抜け落ちるようになります。

休止期が終わると再び成長期が始まり、休止期に抜け落ちなかった毛は新しく生えてくる毛に押し出されるように抜けていきます。

知っておきたいヘアサイクルの知識

ヘアサイクルはすべての髪の毛が同じ進行で進んでいるわけではない

ヘアサイクルによれば髪の毛は5年前後で抜け落ちてしまうわけですが、実際には「5年に1回、大量に抜け毛が起こる」みたいな抜け方をしませんよね。

これは髪の毛一本一本に異なるヘアサイクルが設定されているからです。

すべての髪の毛が足並みを揃えて「成長期1日目→成長期2日目→成長期3日目...」と同じヘアサイクルで成長していくと、退行期と休止期の数ヶ月間ですべての髪の毛が抜け落ちてしまって髪の毛が無い状態で暮らさなければならなくなります。

それを防ぐため、毎日少しづつ毛が抜けていくようにヘアサイクルが調整されているのです。

髪の毛は永久には伸び続けない

ロングヘアの女性

すでに何度か触れましたが、髪の毛は1ヶ月に平均1センチペースで伸びていきます。1年で約12センチです。

そして髪の毛の成長期は5年前後しかありません。

つまりどういうことかというと、理論上は髪の毛は平均72センチまでしか伸びないということです。

髪の毛の伸びるペースや成長期の長さには個人差があるのでもっと長く伸びる人もいますが、それでも1メートルあたりが限界と言っていいでしょう。

1日に100本くらいの抜け毛は当たり前のこと

抜け毛の本数を数えて薄毛の心配をしている人が多く見受けられますが、実はヘアサイクルに照らし合わせて考えれば1日に100本の毛が抜けてもなんらおかしくはないと言えるのです。

先ほど、髪の毛の90%は成長期と言いましたが、これは言い換えれば髪の毛の10%は常に退行期か休止期にあるということです。

そして人間の髪の毛の本数は約12万本ですから、常に12000本の髪の毛は成長が止まって抜ける準備をしているわけです。

抜け毛から薄毛を察知したい場合、重要なのはどちらかと言えば本数よりも毛根の形です。

抜け毛のセルフチェックがしたい方は「毛根の形でわかる薄毛チェック」を参考にして抜け毛の毛根をチェックしてみてください。

AGAの人はヘアサイクルは短くなっている

男性の薄毛「AGA」はヘアサイクルの成長期がどんどん短くなっていくという脱毛症です。

本来であれば5年ほど続くはずの成長期が最終的には数ヶ月ほどになってしまい、「生える→抜ける→生える」のサイクルが短い時間で繰り返されるようになります。

成長期が数ヶ月ほどでは髪の毛は産毛くらいにしかなりません。ですからヘアサイクルは「産毛が生える→産毛が抜ける→産毛が生える」というサイクルへと変わっていきます。

こうして未熟な細い毛の時点で毛が抜けてしまうため、はたから見ると毛の密度が下がり頭皮が見えるようになっていきます。見た目にハゲとわかるようになっていくのですね。

そして、ヘアサイクルには限界があると言われています。この限界を超えるとその毛根からはもう毛が生えてこなくなってしまうのです。

AGAについては「AGAの原因と治し方」で詳しく解説していますのでこちらを参照してください。

まとめ

髪の毛は永久に生えているわけではなく、ヘアサイクルという「生える→抜ける→生える」のループを繰り返しています。

毎日髪の毛が抜けていくことは薄毛の前兆などではなく身体のシステムとして正常なことなので気にしすぎないようにしましょう。

ただし、ヘアサイクルが短くなっていくAGAのような脱毛症もありますので、抜け毛のセルフチェックをするときは毛根や抜け毛の太さに注目してみてください。

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング