AGA(エージーエー) 薄毛治療

AGA治療の費用と相場!保険適用外で高くなりがち?

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは薄毛治療の費用をそれぞれ調べ、料金を比較して検証していきます。

なお、今回の記事は価格という面を重視した比較ですので、各治療法の詳しい効果やメリット・デメリットについては「AGA治療の種類と効果まとめ」を参考にしてください。

AGA治療は保険の適用外なので費用はどれも安くはない……

まず最初に知っておいてもらいたいのが、AGAの治療は診察から薬まで全部が保険のきかない「自由診療」だということです。

AGAは現代医学において病気という扱いではありません。

ですから、薄毛治療は美容整形のように「健康上の問題がないのに行われる治療行為」として保険が効かず、費用はすべて自己負担になるのです

AGAの治療はさまざまな種類がありますが、どれを選んでもそのすべてで保険が効きません。

どの方法でAGAを治療するとしても、少なくない金額が確実に必要になってしまう点は覚悟しておくべきでしょう。

スタンダードな発毛剤治療は1ヶ月あたり平均1〜2万円、海外から個人輸入すれば1ヶ月5000円で可能!

薄毛治療というジャンルで一般的なのが発毛剤で薄毛を治療する発毛剤治療です。

発毛剤の入手方法にはクリニックで処方してもらう方法と、海外から通販する「個人輸入」がありますので、そのふたつについて解説します。

発毛剤治療は一般的な皮膚科でも行うことができるのですが、保険適用であり値段がクリニックと変わらないことからここでは割愛させていただきます。

クリニックでの発毛剤治療は症状が初期なら1万円弱、進行していれば2万円前後

症状が初期の場合は相場が5000円〜7000円の「プロペシア」のみが処方されることが多く、診察料などを合わせて1ヶ月あたりの費用がだいたい1万円くらいになります。

症状が進行している場合はプロペシアと併せて「ミノキシジル」を用い、これもまた1ヶ月あたり5000円〜7000円の薬なので1ヶ月あたり15000円〜2万円くらいが必要となります。

つまり、薄毛の症状が初期であれば1ヶ月1万円弱、進行していれば2万円前後の治療費が必要になってくるわけです。

発毛剤治療の効果や仕組みについては「プロペシアとミノキシジルの発毛剤治療を徹底解説」の記事で解説していますので、こちらの記事を参考にしてください。

個人輸入だと1ヶ月あたりの治療費は約5000円!

日本ではミノキシジル外用薬の『リアップ』を除いて、発毛剤は医師に処方してもらわなければ購入することができません。

これは発毛剤が「医療用医薬品」という医者の許可なしに購入できない薬だと法律で定められているからです。

ですが、この法律は日本でしか適用されない法律なので、こういった法律のない海外では誰でも薬局で発毛剤が買えるようになっています。

そこで処方箋なしに発毛剤が買える国から通販してしまおうというのが個人輸入です。発毛剤の個人輸入については「個人輸入を徹底解説」の記事で解説していますので、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

個人輸入のメリットはなんといってもその安さにあります。個人輸入ならプロペシアのジェネリック医薬品が2000円前後、ミノキシジルのジェネリック医薬品だと約1ヶ月分が1000円という破格の安さで買えるのです

輸送費などの手数料を考慮しても1ヶ月5000円弱で薄毛治療ができるとあって、今では多くの人が個人輸入での薄毛治療を行なっています。

クリニックの治療は「医者に相談する権利」を買っていると考えよう!

ひとつ注意して欲しいのが、個人輸入はクリニックでの治療の上位互換ではないということです。

確かに個人輸入した薬はクリニックで処方される薬と比べると圧倒的に安いですが、それには多くの理由があります。

まず最初に、個人輸入した薬が万が一粗悪品で身体に異常をきたしたり、重篤な副作用が出ても国は一切保証してくれないという点です。

日本では「海外の薬で身体に何かが起きても一切保証しません」というスタンスが取られています。ですので、もし何が起こっても完全に自己責任となってしまうのです。

また、薬を個人輸入したということはすなわち病院に行っていないということですから、何か疑問が出てきても医者に相談することができません。

薬を個人輸入して疑問が出たときだけクリニックに行くといういいとこ取りのような治療は基本的にできないと考えてください。

診療を拒否されることもありますし、その際の診療費が高額になって結局高くついただけというオチが待っていることもあります。

クリニックでの治療は「医者に相談する権利」と「国による保険」を買っているのです。

個人輸入による発毛剤治療はそれらの権利を手放してもよいと思ったときにだけ選べる選択肢だということは理解しておいてください。

個人輸入を行うにしても、まずクリニックでの治療を半年〜1年ほど継続して、発毛剤治療についての知識が十分についてから切り替えるべきであり、治療開始から個人輸入というのはおすすめしません。

自毛植毛は手術1回で100万円オーバー! ただし長期的な目で見れば決して高すぎではない価格!

自毛植毛 植毛

AGAの影響を受けない後頭部の髪の毛を薄毛の部分に移植する「自毛植毛」は、手術費用が平均100万円オーバーというトップクラスの施術費用がかかる薄毛対策です。

自毛植毛で薄毛が治る仕組みや具体的な効果、メリット・デメリットについては「自毛植毛は失敗しない?リスクやデメリットと対策」で詳しく解説しているため、そちらを参照してほしいのですが、簡単に言ってしまえば自毛植毛とは「薄毛の人でも後頭部の毛は抜けないというAGAの特徴を利用して、抜け毛にならない毛を移植する」という手術です。

価格は手術方法や本数によって変動しますが、AGAの治療で行う自毛植毛はほぼすべて100万円をオーバーすると考えておいてください。

M字ハゲの初期の人が生え際にだけ移植するような場合を除けば、AGAの植毛には2000本から2500本の移植が必要となるのが一般的です。

一例として植毛ロボットを使って手術を行う「ARTAS植毛」を挙げると、1000本移植で約90万円、1500本移植で約120万円、2000本移植で約150万円という金額設定になっています。

詳しくは「自毛植毛の価格を徹底比較」の記事でまとめているので、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

自毛植毛手術が成功しても併せて発毛剤治療を行う必要がある!

自毛植毛は一度手術が成功すれば、その後は特殊なメンテナンスや通院が一切必要ないため、「手術費用=治療にかかる総金額」と考えがちですが、それは大きな誤りです。

確かに自毛植毛で移植した髪の毛はその後ずっとAGAの影響を受けません。ですが、植毛していない部分の毛は依然としてAGAの影響を受けています。

自毛植毛はあくまで植毛を行った部分だけAGAからおさらばできる手術なので、手術後もほかの部位のために発毛剤治療を続けなければならないのです。

自毛植毛後の発毛剤治療はミノキシジルを使わずプロペシアのみで済ませるのが一般的なので、自毛植毛の費用は手術費用プラス1ヶ月あたり7000円ほど(プロペシア代)となります。

しかし、一旦生えた毛はメンテンスフリーですし、後々かかる費用もプロペシアのみです。最終的に見れば安い、という可能性は否定できません。

HARG治療は施術1回18万円、5年続けて192万円!

HARG治療

「HARG治療」はAGA治療というよりは、女性の薄毛を含む「ヘアサイクルの乱れによって引き起こされる脱毛」を治すという、万能薄毛対策のような位置づけの治療法です。

頭皮に直接「HARGカクテル」という、発毛剤成分と髪の毛の成長因子を配合した専用の薬剤を注入することで、乱れたヘアサイクルを正常に戻すという手法を取っており、この注射が1本18万円します。

HARG治療は効果が出てくるまでは1ヶ月に1回、ある程度の効果が出てきたら2ヶ月に1回、満足できるレベルになったら半年に1回、最終的には1年に1回と時間が経つにつれて徐々に注射が必要になってくる回数が減っていくという特徴があります。

そのため、治療を開始した最初の1年は6回から7回ほどの治療を受けることになり、1年で120万円ほど支払う計算になります。

その後は1年1回ペースの治療でよくなるため、治療費は1年で18万円まで減りますが、5年続けても192万円=1ヶ月あたり32000円ですから、発毛剤と比べるとかなり効果な治療法と言えます。

HARG治療は効果に個人差がありすぎてコストパフォーマンスが測れない!

HARG治療に関する口コミはネット上で真っ二つに割れています。「まったく薄毛が改善せずお金が無駄になっただけ」というものと「私には効果が出てきたので満足している」というものです。

口コミを合計で42件確認したところ、不満を感じている人が25人で満足だった人が17人と不満を感じている人が多いくらいでした。

確かに薬の効果は万人に出てくるわけではありません。

発毛剤治療で使うプロペシアだって、実験した際には「3年間の投与で78%の患者に改善が見られた」という結果が出ていますが、逆に言えば3年使っても22%の人には効果がなかったということですからね。

ですが、HARG治療は約60%の患者が不満を覚えているわけで、これはちょっとムラがあると言えるでしょう。

発毛剤治療よりも1ヶ月あたりの費用が高いですし、単純計算で患者の6割が190万円無駄にするだけで終わるわけですから、これは個人的に推奨しづらい治療法です。

頭皮に髪の毛を描くメディカルSMPは頭頂部と生え際の両方に描いて30万円!

メディカルSMP

頭皮に髪の毛そっくりのインクを沈着させる(刺青する)ことで、薄毛を目立たなくさせるのが「メディカルSMP」です。一見するとただの刺青ですが、れっきとした医療行為なのでクリニックでしか受けることができません。

手術料金はどれくらいの面積に髪の毛を描くかによって異なりますが、だいたいM字の生え際かO型の頭頂部のどちらかだけならば15万円、生え際と頭頂部のどちらにも描くのであれば25万円〜30万円くらいが相場です。

また、手術自体は1回で終わりますが、インクが経年劣化で色落ちしてしまうため、2年ごとに1回のメンテナンスが必要で、その費用として3万円かかります。

よって、メディカルSMPは満足できる結果が出るまでに15万円から30万円かかり、その後は2年に1回3万円必要ということになります

メディカルSMPは毛を生やす手術ではない!

「刺青する」と説明したように、メディカルSMPは「髪の毛が生えているように見せかける手術」です。

隠すという目的だけならコストパフォーマンスは良いですが、毛を生やしたい人にとっては対策となりえませんのでその点だけは注意してください。

メディカルSMPについては「メディカルSMPを徹底解説」の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

ヘアサロンで行っている増毛術は1000本増毛で10万円! ただし毎年のメンテに20万円!

アートネイチャーやリーブ21といったヘアサロンが行っている「増毛術」は医療機関が行っている施術ではないため、厳密には薄毛治療とは違うのですが、薄毛を隠すための方法であることには変わりないためここでご紹介しておきます。

増毛術は自分の髪の毛に人工毛を何本も結びつけることによって自分の髪の毛が多く生えているように見せる施術です。

実際に髪の毛を移植するわけではないため、自毛植毛であれば1000本移植するのに90万円かかってしまうところが、増毛であれば1000本増やすのに10万円程度で済んでしまいます。

施術内容も「人工毛を髪の毛に結びつける」という方法であるため、施術が終わってすぐに満足できる効果を実感できます。

ただし、増毛は髪の毛が伸びる度に結びつけた人工毛が浮いてきて違和感が出てくるという欠点があるため、超短期的にメンテナンスが必要になります

メンテナンス費用は1ヶ月に25000円ほどであるため、1000本の増毛を維持するのに1年で30万円かかる計算になります。

増毛は施術直後に満足できるという即効性は優れているのですが、続ければ続けるほどメンテナンス費用がのしかかってくる薄毛対策であるため、長期的な対策には向いていないのです。

増毛だと薄毛の進行はまったく止まらない!髪の毛に大きなダメージが残って薄毛が進行することも……

増毛は髪の毛に人工毛を結びつけているだけなので、AGAに対してはなんの対策も取れていません。

増毛で見た目をフサフサにしている間も着実にAGAは進行し、どんどん薄毛になっていきます。

しかも、髪の毛に人工毛を結びつけるという行動そのものが毛に大きなダメージを与えてしまうため、むしろ薄毛の進行を早めているとすら言えるのです

一時的に薄毛を隠す手段としては優れていますが、AGA対策という意味では増毛はおすすめできません。

まとめ

効果と価格の面から考えるとAGA治療としてコストパフォーマンスに優れているのは発毛剤治療です。

やはり途中で安価な個人輸入に切り替えられるというのがポイントで、医者に相談する権利と国に保証してもらえる権利が必要ないとなげうつことができるならどこまでも安価にできます。

もしも「隠すだけでいい」というのであればメディカルSMPもおすすめです。

毛は生えませんが、1ヶ月あたりの治療費の安さはトップクラスです。

逆にコストパフォーマンスが悪く、そこまでオススメできないのがHARG治療です。

効果に個人差がありすぎるのと、そもそも1ヶ月あたりの金額で計算すると発毛剤治療よりも高価である点がマイナスポイントですね。

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング