AGA(エージーエー) 発毛剤

ミノキシジルとは?効果や副作用、購入方法を徹底解説

▷当サイトでは発毛剤によるAGA治療で実際に薄毛を改善しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは多くの脱毛症の治療に使われている毛生え薬「ミノキシジル」について解説します。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは毛を生やす効果を持った、文字通りの発毛剤です。

もともとは高血圧治療に使う薬として開発されていた成分なのですが、試験中に「飲んだ人に毛が生えてくる」という副作用が見つかり、その副作用を逆手に取って発毛剤に使われるようになりました。

効果は単純明快に「毛を生やす」というものであり、さまざまな種類に脱毛症治療に使われています。

ミノキシジルには塗り薬と飲み薬の2種類がある

ミノキシジルには「リアップ」や「ロゲイン」、「カークランド」という商品名で販売されている外用薬と「ロニテン」や「ノキシジル」という商品名で流通している内服薬があります。内服薬は商品名よりもミノキシジルの錠剤を意味する「ミノキシジルタブレット」あるいはその略称の「ミノタブ」の方が名前としては有名です。

外用薬は効果が弱い代わりに副作用がほとんどなく、内服薬は効果が強い代わりに副作用も強い。という違いがあります

また、外用薬は「一般医薬品」という薬局で購入することができる薬として認可されていますが、内服薬は日本では発毛剤として認可されていません。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は「塗るか飲むと毛が生える」というものなのですが、実は現代の医学・薬学ではミノキシジルがなぜ発毛効果をもたらすのかがわかっていません。

上の方で少し触れましたが、ミノキシジルはもともと高血圧の治療に使う「降圧剤」という薬として開発されました。人の血圧を下げるためだけに作られたので髪の毛を生やさせるつもりはありませんでしたし、そのような成分も入れていないのです。

毛を生やすつもりで作っていないため、なにがどう作用して毛が生えているのかがわからず、ただ「毛が生える」ことだけがわかっている。それがミノキシジルなのです。

血行改善効果で毛が生えている可能性は低い

たまに「ミノキシジルの発毛効果はミノキシジルが血流の流れを良くして栄養補給を円滑にしているからだ」という説を見かけることがあります。

確かに人間は血圧が変化すると血流の流れが一時的に良くなるという性質を持っていますのでミノキシジルが血流を良くする効果を持っているのは事実です。

しかし、その理論で行くと他の高血圧治療薬で毛が生えない理由に説明がつきません。

血行改善ができるのはミノキシジルだけではないのです。

血流を良くする効果が発毛効果とは一切無関係とまでは言いませんが、それが主な原因である可能性は低いと言わざるをえないでしょう。

ミノキシジルの使用期間

ミノキシジルで効果が出てくるまでの期間は個人差も大きいですが、内服薬を使うか外用薬を使うかでも大きな差が出てきます。

個人差については実際に使って見ないことにはわからないため、ここでは外用薬と内服薬の一般的な差について解説します。

ミノキシジル外用薬の使用期間

ミノキシジルは使ってすぐに毛が生えるような薬ではありません。

使って数日どころか1~2ヶ月使っても効果が現れないのが普通で、実際にリアップを発売している大正製薬は6ヶ月以上の使用を推奨しています。

ホームページ上で公開している実験データでも6ヶ月以上使えば9割以上に改善が見られるが、3ヶ月だと6割程度に収まるとなっています。

4週間後にはすでに軽度改善が見られるようになり、8週間後には被験者の1割以上に、12週間後には6割近くに軽度改善が見られました。24週間後、つまり約6ヵ月後からは「軽度改善」「中等度改善」「著明改善」をあわせて、実に9割以上に改善が見られます。 24週間後から「軽度改善」より「中等度改善」の評価の割合が高くなっています。まずは半年、そしてより長く継続することで、改善の度合いも高くなることが期待できそうです。

ミノキシジル内服の使用期間

ミノキシジル内服は日本で認可されていないので正確なデータはないのですが、クリニックの医師の話では早い人だと2〜3ヶ月で発毛効果を実感できるようです。

内服薬の方が外用薬よりも効果が強いため、外用薬に比べると使用期間が短くて済むわけです。

ただ、どうしても人体的に毛が生えるスピードに限界があるため、これ以上早い発毛は期待できないようです。

髪の毛はだいたい1ヶ月に1cmペースでしか生えないため、長い髪が欲しい人ほど長く時間がかかってしまいます。

ミノキシジルの副作用と初期脱毛

ミノキシジルの副作用は外用薬を使っているか、内服薬を使っているかで大きく変わってきます。

副作用の詳細な情報は「ミノキシジルの副作用まとめ」で解説しているため、詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

ミノキシジルの初期脱毛

発毛剤治療を始めると最初の1~2ヶ月くらいは抜け毛が大量発生してしまいます。

これは初期脱毛といって髪の毛を成長させるためにあとから抜けるはずだった毛が前倒しで一気に抜けてしまう現象です。

副作用と混同されることもありますが、初期脱毛はミノキシジルの効果が出てきたことを示している証拠のようなもので気にする必要はありません。

初期脱毛については「ミノキシジルで初期脱毛が起こる原因とその期間」で解説していますので、より詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

ミノキシジル外用薬の副作用

頭皮の軽い炎症によるかゆみや発疹

ミノキシジル外用薬の副作用でもっとも多く確認されているのは頭皮のかゆみ、発疹です

リアップの販売元である大正製薬がホームページで公開しているデータによれば、リアップX5の副作用発現率は被験者50人中8.0%で、内訳が湿疹2.0%、毛のう炎2.0%、接触皮膚炎2.0%、その他2.0%となっています。

要するに50人中4人に副作用が出て、それぞれの症状が1人ずつ居たということですね。

試験人数がたったの50人なのでデータとしての正確性には欠けますが、これを見る限り、ミノキシジル外用薬の副作用は頭皮が軽い炎症を起こすことだと言えます。

低血圧になる副作用は考えにくい

一部では「もとは降圧剤のミノキシジル外用薬を使うと低血圧になる」と危険性を広めている人もいますが、実際にミノキシジルを頭皮に塗って低血圧になる可能性はまず考えにくいと言っていいです。

それはなぜか。外用薬ミノキシジルは血圧を下げるには濃度が低すぎるからです。

市販されているミノキシジル外用薬でもっとも濃度が高いのは「リアップX5」の濃度5%です。

リアップは1日あたり1ml×2の使用を推奨されてますから、2mlの5%=1.0mgのミノキシジルが頭皮に塗られることになります。

一方で、高血圧治療に使われるミノキシジルはミノキシジル5mg配合の錠剤か10mg配合の錠剤を使うことになっています。これはリアップの5倍から10倍の濃度です。

しかも高血圧治療に使うミノキシジルは飲み薬なのに対してリアップは塗り薬ですから、身体全体までミノキシジルが行き渡りません。

濃度が低い上に経口摂取でもない点から考えて、ミノキシジル外用薬に血圧を下げる副作用は考えにくいと言っていいでしょう。

ミノキシジル内服薬の副作用

血圧低下による頭痛、肩こり、顔のむくみ

薄毛治療に使われるミノキシジル内服薬は血圧を下げる効果が出過ぎては困るので、主に2.5mgと5.0mgが使われています。

2.5mgはともかく、5.0mgは高血圧治療でも使われる濃度ですから、血圧を下げる効果がかなり強く出てしまうようです。

血圧低下によって見られる具体的な症状は頭痛、肩こり、めまい、顔のむくみなどです。

日本ではミノキシジル内服薬が発毛剤として認可されていないせいで臨床試験が行われておらず、副作用の詳しい発現率はわかっていないのですが、多くの人にこれらの症状が出てきているようです。

発毛効果が全身に出てくるせいで「毛深く」なる

確実に起きる副作用とも言えるものが「身体が毛深くなってしまう」という副作用です。

内服薬は吸収した成分が身体全体に行き渡るため、腕毛やすね毛、胸毛も生えてきてしまうのです。

毛深くなる副作用は髪の毛が生える効果とまったく同じメカニズムによって起こっているため、毛が生える効果が出てきたら確実に起こる言える副作用であり、ミノキシジル内服での治療を行う際はまず「体毛が濃くなることに耐えられるか」を考える必要があります。

ミノキシジルの入手法と価格

ミノキシジルは外用薬と内服薬とで入手方法が異なります。

副作用が起きても国に保証してもらえるもの、どんなに重い副作用が出ても国に保証してもらえないものなどさまざまな種類がありますので自分に合った方法を探してみてください。

ミノキシジル外用薬の入手方法

薬局で買う

ミノキシジル外用薬は病院で処方される「医療用医薬品」として販売されているものはなく、薬局で買える「一般用医薬品」のみが販売されています。

それが「大正製薬」の「リアップ」シリーズです。

リアップシリーズには濃度が5%になった「リアップX5プラス」や女性向けの「リアップリジェンヌ」などがありますが、いずれも医師の処方箋なしに薬局で買うことができます

リアップは1%濃度が2ヶ月分で約5500円、5%濃度が2ヶ月分で約7000円という値段設定になっています。

コストコで買う

一部のコストコでは「カークランド」というミノキシジル外用薬が販売されています。(正確にはカークランド社製のジェネリック医薬品)

中身は濃度5%のミノキシジル外用薬で、リアップX5と変わりません。

ただ、値段が2ヶ月分で5000円ほどと、リアップに比べると2000円ほど安いのが特徴で、安くミノキシジルを使いたいという人はカークランドを選択しているようです。

値段だけ見るとリアップよりも優れた商品なのですが、カークランドは海外の薬なので万が一おかしな副作用が出ても日本では保証してもらえないというデメリットも持っています。

万が一おかしな副作用が出ると保険適用外の治療を受けることになる点には注意が必要です。

ミノキシジル内服薬の入手方法と価格

問診する医師

ミノキシジルの内服薬は日本では未認可の薬なので、皮膚科のような保険治療ができる病院では処方できないという法律があります。

よって、ミノキシジル内服薬を手に入れるためには保険適用外の治療しかしていない薄毛治療専門のAGAクリニックを受診する必要があります。

これらのクリニックでミノキシジル内服薬が処方される分には法律に違反しないからです。

クリニックでの価格は薬そのものの値段以外に他の診療費がどれだけかかってくるかで差が開いてきますが、だいたい1ヶ月分が5000円~7000円程度が相場となっているようです。

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング