AGA(エージーエー) 薄毛治療 髪型・ヘアスタイル

10代、20代に多い若ハゲの種類とその原因・対策!若ハゲ改善のための予防や髪型まで総まとめ!

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは10代、20代の若い男性に多い「若ハゲ」について解説していきます。

1分でわかる若ハゲの原因と対策

10代や20代から薄毛になってしまう若ハゲには、大きく分けて以下の4つがある。

本当は薄毛じゃないのに自分はハゲてると勘違いしてしまう「思い込み」。

遺伝と男性ホルモンが原因の「AGA」。

免疫機能の異常が原因の「円形脱毛症」。

不健康が原因の「びまん性脱毛症」。

これらはいずれも原因が異なるが、どれが原因でも重要なのは「病院に行くこと」と「健康的な生活を心がけること」のふたつ。

薄毛治療の専門家に見てもらうことで、もし自分の思い込みならば「これは薄毛ではない」と診断してもらえるし、なんらかの原因で薄毛になっている場合は治療をしてもらえる。

そして不健康が原因で起こる薄毛を対策しておくためにも健康的な生活を心がける必要がある。

食事制限ダイエットや偏食をしないこと、夜更かしをしたり昼夜逆転の生活をしないことを心がけるだけで不健康が原因の薄毛は対策することができる。

若ハゲって何歳から何歳まで?

若ハゲは医学的な言葉ではありません。単に「若くしてハゲた」ことを意味する造語です。

「若ハゲとはどんな症状なのか」とか「何歳から若ハゲじゃなくなるのか?」というのはある意味で人それぞれなのです。

ですが、原因や対策を詳しく語っていく上で「若ハゲの定義は人それぞれです」というのもあんまりですから、まずこの記事における「若ハゲ」を定義しておきましょう。

若ハゲの定義については「男の薄毛は何歳までが若ハゲ?」の記事で解説しているので詳しくはこちらを参考にしてほしいのですが、結論だけ言うと、この記事においての若ハゲは「15歳から30歳までの薄毛」とします。

この定義は他の本やサイトとは異なるかもしれませんが、少なくともこの記事においては若ハゲはこういう意味だとお考えください。

ですので、この記事においては10代・20代の薄毛をメインに解説していきます。

30代の男性の薄毛情報を知りたい方は「30代から始める男の育毛術」の記事を参考にしてください。

10代、20代の若者に起こりうる4つの薄毛とその対策

ひとくちにハゲ・薄毛と言っても医学的にはさまざまな種類があります。

そんな多くの脱毛症の中から若者に起こりやすいものを見ていきましょう。

つむじや頭皮が見えているのをハゲだと思い込んでしまう「思い込みハゲ」

若者に多いのが「自分は薄毛なんだ」と思い込んでしまう思い込みハゲです

思い込みハゲとは自分が薄毛だと思い込んでいるだけの状態なので、要するに薄毛でもなんでもない状態です。

自分がハゲていると思っている若者は数多く存在しますが、実際のところはそれがただの思いこみである事例が非常に多いんですね。

とあるクリニックでは薄毛に悩む10代の来院患者のうちの6割が健康な頭髪を持っていたそうです。

つまり、自分のことを若ハゲだと思っている人の半分以上は若ハゲではないんです。

思い込みハゲはつむじや分け目、生え際といった「どんなに健康でも頭皮が見えてしまう部分」をつぶさに観察してどんどん悪い方向へと考えてしまうことが原因で起こります。

たとえば髪の毛を切って髪型がを短くなったあとでシャワーを浴びたりなんかすると今まで以上に頭皮が見えることになって、
「自分は他人よりも見えている頭皮が多いかもしれない……いや、絶対に多い……これは確実にハゲだ……」
と深く悩んでしまうわけです。

思い込みハゲの対策

思い込みハゲの対策は方法だけなら極めて簡単と言えます。

なぜなら「自分はハゲでもなんでもないんだ」と気づけばそれでOKだからです。

ただ、鏡を見て「自分は薄毛かも」と悩んでいる人が自力で気付くのが難しいというのもまた事実。

そこでオススメしたいのがAGAクリニックの無料カウンセリングです。

AGAクリニックは薄毛を専門的に治療している薄毛治療特化のクリニックです。

クリニックと言っているように医療機関ではあるのですが、最近ではいきなり診察を行なうのではなく、まずは無料でカウンセリングを行ってくれる医院が増えてきています。

そこで医師から「あなたはハゲではありませんよ」とお墨付きをもらえばいいんですよ。

先ほども言いましたが、クリニックを訪れる10代男性の6割は薄毛ではない健康な人です。ですから、たとえあなたが極めて健康な頭皮や髪の毛を持っていてもいちいち医師は面倒臭がったりしません。

今こうしてあなたが記事を読んでいる間にも、髪の毛が不安な人はみんなクリニックに行って悩みをぶちまけているのです。あなたも気兼ねせずにクリニックへ行きましょう。

AGAクリニックの選び方については「AGAクリニックおすすめランキング」の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

遺伝と男性ホルモンが原因で生え際のM字や頭頂部がハゲてしまう「AGA(男性型脱毛症)」

一般的に「ハゲ」を想像する場合、大抵の人は上の画像のような頭髪を思い浮かべるのではないでしょうか。

上の画像はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる脱毛症になった男性の写真です。

小難しい医学的な説明は「AGAとは?」を参考にしていただきたいのですが、簡単に説明するとAGAは「遺伝」と「男性ホルモン」というふたつの組み合わせが「髪の毛をじわじわと産毛に変えてしまう因子」を作り出すことによって発生する薄毛です。

AGAは医学的な正式名称を「壮年性脱毛症」といいます。その名のとおり壮年期(20代後半から30代なかばくらい)に発症するのが一般的です。

なぜ20代後半から発症しやすくなるのかというと、脱毛症が発症するために必要な男性ホルモンの分泌量が20代後半あたりでピークになるからです。

ただ、男性ホルモンの分泌量には個人差があるのでたまに10代や20代でAGAを発症する人もいます。そういった例が「若ハゲ」と呼ばれているわけですね。

自分がAGAなのかどうかチェックしよう!

毛根のセルフチェック

「道具要らずの毛根チェックで薄毛診断!」の記事でも解説していますが、抜け毛の太さや毛根の形をチェックすることで自分が薄毛になっていないかどうかをある程度チェックすることができます。

詳しくは上記の記事を参考にしていただきたいのですが、健康的な抜け毛は太くて毛根部分が膨らんでいるのに対し、薄毛リスクの高い抜け毛は細くて毛根部分が先細りになっているんですね。

簡単に言えば、太くて毛根部分が混紡みたいになっている抜け毛が多いなら安心ということです。

AGAのリスクを遺伝子から判断する遺伝子検査

「自分のチェックじゃあ間違えてるかもしれないし信じられない!」というあなたには遺伝子検査がオススメです。

実はAGAは研究が進んで「AGAになる可能性が高い遺伝子」と「AGAにはならない遺伝子」の違いが発見されています。

そこで人の遺伝子を調べることでその人がAGAのになりやすいかどうかが判断できるようになったのです。

費用は2万円ほどかかってしまいますが、確実性の高い検査を行いたいという方にはおすすめです。

詳しくは「AGA遺伝子検査を徹底解説」の記事で解説していますのでもっとよく知りたい方はこちらを参考にしてください。

自然回復しないAGAは医学的な発毛剤治療を!

AGAは医学的な治療をしなければ絶対に治りません。

なぜならAGAの原因は遺伝と男性ホルモンという、健康状態とはまったく関係ないものだからです。

身体が不健康だろうと健康だろうと、否応なしにAGAは進行していきます。

健康なときよりも不健康なときの方がAGAが進行しやすいといったことはありますが、健康であればAGAの進行が止まるなんてことはありません。

AGAをどうにかするには薬で薄毛の原因となっている物質を押さえ込むしかないのです。

「AGA治療の種類と効果まとめ」でまとめているようにAGA治療には多くの種類がありますが、若ハゲには発毛剤治療をオススメします。

若ハゲはAGAの症状が初期であることが多く、わざわざ植毛などに頼らなくても発毛剤治療で十分に髪の毛が復活します。そしてなにより他の治療法を選んでも発毛剤治療を併用する羽目になるため、あまり得はしません。

また、現代の医学ではAGAには完治という概念はありません。「AGAにならない身体になる」ことは不可能なのです。

AGAの医学的治療とは長い付き合いになることは覚悟しておきましょう。

10円ハゲができてしまう「円形脱毛症」

円形脱毛症の症例写真

円形脱毛症は「自己免疫疾患」という病気の一種です。

私たちの身体には異物を攻撃して追い払うという「免疫」というシステムが存在します。

たとえば風邪をひいてウイルスが身体に入り込んできたとき、そのまま放置していてはウイルスが大暴れしてしまいます。それを防ぐためにはたらいているのが免疫なのです。

免疫は基本的に身体を守るためだけにはたらいているのですが、ときおり毛根にある毛母細胞(髪の毛を作っている細胞)をウイルスだと勘違いして攻撃してしまうことがあります。

毛母細胞が攻撃され、破壊されると毛母細胞は髪の毛が作れなくなってしまい、その結果として脱毛が起きてしまうというのが円形脱毛症のメカニズムです。

円形脱毛症の対策は皮膚科の病院で治療してもらうこと!

円形脱毛症は免疫の暴走が原因なので病院に行って免疫の暴走を抑える薬を処方してもらう必要があります。

脱毛部分が小さかったり1~2個程度であれば放っておいても自然治癒することが多いのですが、自然治癒の場合は治療するよりも長い時間がかかりますし、悪化する危険性もゼロではないので病院に行くのがベストです。

病院選びの際に注意して欲しいのが薄毛治療専門のAGAクリニックに行かないことです。

AGAクリニックはその名のとおりAGAを専門としたクリニックですから、円形脱毛症の治療に対応していないクリニックが多いんですね。

円形脱毛症でしたら一般的な皮膚科で保険適用の治療を受けられますから、円形脱毛症を治療するときは皮膚科を受診するようにしましょう。

治療にかかる時間は個人差もありますが、髪の毛が伸びる速度が1ヶ月に1センチペースなので数ヶ月単位の時間が必要になります。

脱毛部分が目立たなくなるまでには4~6ヶ月ほどは覚悟しておいた方がいいでしょう。

不健康が原因で起こる「びまん性脱毛症」

連日の夜更かしでまったく寝られていないとか、健康的な食生活ができていないといった不健康が原因の抜け毛が増えすぎることで起こるのが「びまん性脱毛症」です。

「びまん」とは「一面に広がること」を意味する単語で、びまん性脱毛症はその名のとおり髪の毛全体が薄毛になってしまうという脱毛症です。

びまん性脱毛症の予防・対策

食事制限ダイエットはしない。夜更かしもしない。とにかく健康的な生活を心がける

びまん性脱毛症の対策はこれに尽きます。

薄毛の原因は不健康です。つまり、健康になれば薄毛も治るんですよ。

夜にしっかりと眠って、しっかりと食事で栄養を摂るというごく普通の生活さえできていれば、このハゲは自然と治っていきます。

また逆に、健康的な生活ができていないときは常にびまん性脱毛症のリスクを抱えているとも言えます。

びまん性脱毛症は予防できる数少ない薄毛ですので、たとえまだびまん性脱毛症になっていないとしても生活習慣はしっかりと改めていきましょう。

亜鉛ばっかり取るのはNG!栄養バランスの取れた食事をしよう

人間の身体は心臓を動かしたり肺を動かしたり、なにをするにも栄養を必要としています。もちろん髪の毛の成長も例外ではありません。栄養がなくなると髪の毛は成長できなくなって抜けてしまいます。

栄養失調というとガリガリに痩せて飢餓状態になっている状態を想像しがちですが、実は「食事制限ダイエットしてるけど身体は健康」という場合もあるのです。

人体は「内臓へと優先的に栄養を渡して、生きるために重要でない部位の栄養は後回しにする」というシステムで栄養を身体に行き渡らせています。

内蔵と毛根で栄養を半分こするのではなく、まず内蔵に十分な栄養を渡してからその余りを毛根に流しているのです。

その結果、内臓が動くには十分だけど髪の毛には足りない程度の栄養しか取れていないと、健康だけど髪の毛には全然栄養が行き渡らないという状況ができあがります。

これが栄養失調による薄毛なのです。

これを解決するためには内臓だけでなく髪の毛の分まで栄養を摂取する必要があります。

心がけてほしいのは炭水化物、タンパク質、ミネラル、ビタミンをバランスよく取ることです。

理想は食事ですべての栄養を賄うことですが、それが難しいという方は栄養補助食品で足りない分の栄養を補うのがおすすめです。

また、よく「亜鉛が髪にいい」と大量摂取している人がいますが、亜鉛だけ取っていても髪の毛は成長しませんし、亜鉛のとりすぎは逆に不健康を招きます。

髪の毛のために重要なのはバランスの良さなのです。

詳しくは「薄毛にならないための食生活」の記事でまとめていますのでこちらを参考にしてください。

夜に7時間以上眠る

髪の毛の成長を司っている神経に「副交感神経」という神経があります。

副交感神経は夜間の休息中に活発になる神経で、これが活発化すると細胞分裂が起こりやすくなります。

髪の毛は毛母細胞という細胞の細胞分裂によって成長しますから、つまり髪の毛は夜寝ているときに育っているわけなんです。

具体的に何時から何時までどれくらいの時間寝ればいいのか、というのは研究者によって多少のばらつきがあるのですが、最低でも7時間以上の睡眠が必要と言われています。

詳しくは「睡眠と髪の毛の関係」で解説していますのでこちらの記事を参考にしてください。

若ハゲ改善のための正しいシャンプー方法

シャワーを浴びる男性

シャンプーが直接的な原因となって薄毛になることはまずありませんが、誤ったシャンプーは無為に抜け毛を増やしてしまいます

せっかく若ハゲを対策したのに抜け毛を増やしてしまっていては意味がありませんから、正しいシャンプー方法を身につけて若ハゲ改善をより確かなものにしていきましょう。

詳しくは「抜け毛を増やさない正しい髪の洗い方」の記事を参考にしてほしいのですが、簡単に手順を解説すると次のようになります。

  • お風呂に入る前に軽くブラッシング。ゴミやホコリを落としつつ、髪が絡まらないようにする
  • 髪の毛をお湯で洗い流し、しっかりと濡らしてから手で泡立てたシャンプーを付ける(液体のまま頭皮につけない)
  • 爪を立てると頭皮が傷ついてしまうので指の腹で揉み込むようにして髪の毛を洗う
  • シャンプーが頭皮に残らないように入念にシャンプーを洗い流す

若ハゲ対策のシャンプーにおいて重要なことは「頭皮を傷つけないこと」、そして「シャンプーを頭皮に残さないこと」の2点です。

毛根にまで影響が出る危険性もあるので頭皮は傷つけない

頭皮を爪で引っ掻いたりして傷をつけてしまうと、その傷が炎症して毛根にまで影響を与えてしまうことがあります。

頭皮の傷が毛根にまで影響を与えてしまうようなケースは極めて稀ですが、可能性がゼロではない以上、気をつけておくべきです。

シャンプーを頭皮に残さない

実はシャンプーは雑菌の格好の餌で、少しでもシャンプーの洗い残しがあるとその場所に雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌が繁殖するとやはり頭皮が炎症し、最悪の場合は毛根へのダメージ・抜け毛へと繋がりますので髪を流すときは念入りに流しましょう。

若ハゲに育毛剤ってどうなの?

育毛剤を使う男性

通販サイトや薬局で打っている育毛剤には血行を改善する成分が含まれていて、それを頭皮に塗ることで頭皮の血行が改善、ひいては毛根への栄養補給を円滑にして髪の毛の成長を滞りのないものにするという効果があります。

ただし、これは既に生えている髪の毛の成長が滞りにくくなるという効果であって、実際に育毛剤が若ハゲの改善に有効だという実験結果は出ていません。

頭皮に悪影響を与えるのかと言われればそんなことはなく、頭皮に良いのかと言われれば「ある程度の良いはたらきはする」と言えるのですが、育毛剤が明確に若ハゲ対策になるのかと言えば首を横に振らざるを得ません

少なくとも「育毛剤さえ使っていればオッケー!」といったようなオールマイティ薄毛対策グッズでないのは間違いないです

優先順位としては病院での医学的治療が上に来ますので、「とにかくやれるだけのことは全部やっておきたいんだ!」という人が医学的治療や生活習慣の改善を行った上で育毛剤を使うのであればアリです。

若ハゲでもイケメンになれる!芸能人に学ぶ若ハゲ向けのかっこいい髪型!

治療ではありませんが、若ハゲ対策として非常に有効なのが髪型で若ハゲを気にならなくすることです。

特に男性の場合はショートヘアのヘアスタイルが豊富ですから、若ハゲが気にならなくなる髪型はたくさんあるのです。

ここではそんな若ハゲが気にならなくなる髪型を芸能人のヘアスタイルから学んでいきましょう。

気に入ったものがあったら美容院で頼んでみてください。

ベリーショート

若ハゲに似合う髪型の鉄板はとにかく「短髪」です。

中でも全体的に短くまとめるベリーショートがおすすめです。

若ハゲが目立ってしまうのは毛の薄い部分が濃い部分との差で浮いてしまうから。

つまり、全体的に短くすれば薄毛部分が目立たなくなるので自然と違和感のない髪型になるというわけです。

ソフトモヒカン

生え際のM字が気になる人におすすめなのがソフトモヒカン。

ソフトモヒカンはトップを目立たせるためにサイドを刈り上げてしまうので、生え際のM字がマイナスになりません。

むしろきれいなサイドが作れる分、M字がプラスにはたらいていると言ってもいいでしょう。

トップのボリューム感が薄毛を感じさせないのもGOODです。

ツーブロック

ツーブロックは耳の上あたりを基準にして、そこから上の部分は長く残して下の部分は刈り上げるというヘアスタイルです。

要するにソフトモヒカンのモヒカンにしないバージョンですね。

ツーブロックもM字部分が気にならない髪型にできるので、生え際が気になる方にはおすすめです

坊主

ベリーショートと方向性は同じですが、坊主にするというのもひとつの手です。

面倒な手入れが必要ありませんし、髪型では隠せないような部分的な薄毛も坊主であれば気にならなくなります

ベリーショートと坊主の中間くらいの長さの、いわゆるおしゃれ坊主という選択肢もありますので、まるごと刈ってしまうというのは十分にアリです。

まとめ

若ハゲにはさまざまな原因があります。

思い込みによるもの、実際になんらかの脱毛症であるものとさまざまですが、いずれにせよまずは薄毛治療専門のクリニックを受診するのがおすすめです。

また、治療ではありませんが、薄毛を隠す・目立たせないというアプローチであればヘアスタイルによっても解決することができます。

深く悩み続けるだけではなく、自分にできる対策から初めて若ハゲを克服していきましょう。

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング