発毛剤

ミノキシジル系発毛剤「リアップ」とは?リアップシリーズの効果や副作用、使用方法を徹底解説

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

1分でわかるリアップ

リアップは日本の大正製薬が製造販売しているミノキシジル系発毛剤(薄毛治療薬)。

また、日本で認可されている唯一のミノキシジル系発毛剤でもある。

アメリカで開発され、1988年に販売されたミノキシジル系発毛剤のロゲインを日本でも一般販売できるようにと大正製薬が許可を取り、1999年に販売が開始された。

医学的に効果が認められた薄毛治療薬の中で唯一、医者の処方箋なしでも購入できる。

効果は「塗った部分から毛が生えてくる」というもので、副作用は薬による頭皮のアレルギー反応でかゆみや発疹が起こること。

リアップとは?

リアップは大正製薬が製造・販売しているミノキシジル系の発毛剤(薄毛治療薬)です。

1988年にアメリカで開発されたロゲインというミノキシジル系発毛剤を日本で販売するために大正製薬が許可を取り、1999年に販売が開始されました。

大正製薬はリアップの認可を「医師の処方箋が必要な薬」としてではなく、「薬局で販売できる薬」として求めたため、医学的に薄毛治療の効果が認められている薬としては唯一、処方箋なしに薬局や通販サイトでの購入が可能となっています。

販売当初はミノキシジル濃度1%のものしかありませんでしたが、現在では5%濃度のものや女性向け商品「リアップ リジェンヌ」なども販売されています。

リアップの効果

リアップの効果は「塗った場所の毛が生えてくる」というものです。

ただ、なぜ塗った場所に毛が生えてくるのかは完全に解明されてはいません。

これはなぜかというと、そもそも毛を生やす成分であるミノキシジルが開発された背景が関係しています。

ミノキシジルはもともとは高血圧の治療薬として開発されました。

そして実験中に高血圧治療の副作用として「毛が生える」という"副作用"が見つかったのです。

つまり、毛が生えてくる成分を作ったつもりがなかったので毛が生える仕組みもよくわかっていないんですね。

要するに、現在ミノキシジルが発毛剤として使われているのは「理由はわからないけど毛が生える副作用が出たから、それを逆手にとって発毛剤として使おう」となっているからなのです。

ただ、度重なる実験で「毛が生える」という効果については間違いなく実証されているので、毛生え薬としての信頼性については問題がないと考えておいてください。

血行改善効果で毛が生えているわけではない!?

よく「ミノキシジルには血行改善の効果があるため発毛効果がある」と解説しているサイトもありますが、これには疑問が残ります。

人間は血圧が変化すると血流の流れが一時的に良くなるという性質を持っていますので、高血圧治療薬(血圧を下げる薬)のミノキシジルが血流を良くする効果を持っているのは確かでしょう。血圧が下がればそれと同時に血流が良くなりますからね。

しかし、その理論で行くと他の高血圧治療薬で毛が生えない理由に説明がつきません。他の高血圧治療薬だって血圧を下げて血行を一時的に良くしているのに毛は生えないんですよ。

血流を良くする効果が発毛効果とは一切無関係とまでは言いませんが、血行改善で毛が生える可能性は極めて低いと言わざるをえないでしょう。

リアップの副作用

リアップの副作用は、頭皮のリアップを使用した部位にかゆみやかぶれ、発疹が起こることです。

これは頭皮に直接薬を塗ったことで皮膚がアレルギー反応を起こしているためで、肌が弱い人ほどこれらの副作用が起こる可能性は高まります。

副作用発現率などの詳しいデータは「食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会  議事録」で以下のように語られています。

調査施設は518施設、症例数は3,072例でありまして、報告されました副作用は271例、378件、副作用発現率は8.82%でございました。
内訳は、適用部位そう痒感123件、適用部位発疹43件などとなっております。

よく「体毛が濃くなる」という副作用も合わせて語られていますが、これはミノキシジルを飲んだときに出てくる副作用です。

外用薬であるリアップに体毛が濃くなる症状が出てくることは考えにくく、またそのような副作用が確認されてもいないため、リアップの副作用として「体毛が濃くなる」が起こるとは考えなくてもいいでしょう。

また、上記の議事録では「狭心症、高血圧等の既往のある患者において、動悸、胸痛等の循環器系副作用に関する報告が相次いだ」という結果が出ています。

健康な人は大丈夫ですが、もともと心臓や血圧に問題を抱えている人はリアップの使用を控えた方がいいかもしれません。

リアップの使用方法

リアップは1日に2mlを1日2回(8時間~12時間おき)に分けて、頭皮の薄毛が気になる部分に塗布します。朝起きたときと夜のお風呂上がりに使うのが一般的です。

薄毛の範囲が大きいからといって1回に1ml以上使ったり、2回に分けるべきなのに1日2mlをまとめて使うといった方法で塗ってはいけません。

塗布後は液体が垂れやすくなっているので、患部にまんべんなく伸ばした上で、マッサージするように揉み込むといいでしょう。

リアップの使用方法は大正製薬が動画で行なっているものもあるので、詳しく知りたい方はこちらの動画も参考にしてください。

まとめ

リアップは日本で唯一認可されているミノキシジル系の発毛剤です。

また、効果が認められている中で唯一処方箋なしで購入できる発毛剤でもあります。

詳しいメカニズムは未だ解明されていないものの、「毛が生える」という単純明快な薄毛治療効果があり、男性に限らず女性の薄毛治療にも用いられています。

副作用の発現率は8%強と薬にしては高いですが、その内容は頭皮のかゆみのように軽いものばかりですので、必要以上に副作用を恐れることはないでしょう。