妊婦

発毛剤

プロペシアの服用中の子作りは控えた方がいいって本当?

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページではプロペシアと子作りの関係について解説します。

1分でわかるプロペシアと子作りの関係

夫がプロペシアを服用中に妊娠したとしても子供に影響が出てくることはまず考えられない。

確かにプロペシアの成分「フィナステリド」は妊婦が飲むと胎児に影響を及ぼす危険性があるとされているが、男性がプロペシアを飲んでその成分が精液に移行する量は極めて微量(0.00076%以下)。

そのため、プロペシアを妊婦が飲んだときに起こりうる問題がプロペシア服用中の男性の精液でも起こる可能性は極めて低い。

医療現場においても「妊娠中は服用を控えるべき」という扱いにはなっていないため、結論としてはプロペシアを服用していても子作りには問題がないと言える。

どうしても気になる場合は子作りの1ヶ月前から服用を中止することでプロペシアの成分を体内からなくすことができる。

プロペシア服用中の男性が子作りすることに問題はない

結論から言えば、プロペシアを服用している男性が子作りをすることに問題はありません。

なぜなら、プロペシアの成分が精液に混ざってしまうことがほぼないからです。

データによれば、フィナステリド1mgのプロペシアを6週間使用した男性の精液に含まれるフィナステリドの量は0.00076%以下となっています。

男性型脱毛症患者にフィナステリド1mgを1日1回6週間経口投与した時の精液中への移行量は極めて微量 (投与量の0.00076%以下) であった。

1mgの0.00076%にしたものがどれくらい少ないかというと、人間の細胞1個よりも軽いと言えばわかるでしょうか。

プロペシアを服用している男性の精液には、人間の細胞ひとつ分にすら満たない量のフィナステリドしか残らないのです。

女性が直接プロペシアを飲むのはNG!

男性が飲むのは構わないのですが、女性がプロペシアを服用してしまうのは絶対にNGです。

妊婦、あるいは産後・授乳中の女性がプロペシアを飲んだ場合、胎児の性機能の発達に影響を及ぼしてしまう可能性があるためです。

本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用(DHT低下作用)により、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがある。

上で説明したように、男性が飲んだ場合は精液に0.00076%以下しかフィナステリドが含まれないために問題がないのですが、女性が直接飲んでしまうと成分を100%女性が受け取ることになるため、影響が出てくる危険性があるのです。

そもそもプロペシアの薄毛治療効果は男性特有の薄毛であるAGAにしか効果が期待できないため、妊婦であるか否かを問わず女性は飲むべきではないのですが、妊娠に関わる時期には誤って飲んだりしないように特に気をつけましょう。

どうしても不安な場合は子作りの1ヶ月前から服用を中止すること

人間の細胞ひとつ分にも満たない0.00076%とは言っても混ざっているよりは混ざっていない方がいいと考える方もいるでしょう。

もしできるだけフィナステリドを精液に混ざらないようにしたい場合は子作りの1ヶ月前からプロペシアの服用を中止してください。

体内に取り込まれたフィナステリドは約1ヶ月でなくなるため、使わない期間を1ヶ月置くことでリスクを排除することができます。