発毛剤

AGA治療薬ザガーロの発毛効果と副作用を徹底解説

▷当サイトでは発毛剤によるAGA治療で実際に薄毛を改善しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページではAGA治療薬「ザガーロ」について解説します。

ザガーロとは?

ザガーロは2015年にAGA治療薬として認可された新しい成分「デュタステリド」を用いたAGA治療薬です。

もともとは「前立腺肥大症」という病気の薬だったのですが、AGA治療にも効果があるということでAGA治療薬として認可され、2015年からは日本でも販売されるようになりました。

作用機序(効果のメカニズム)がプロペシア(フィナステリド)とほぼ同じなため、プロペシアとザガーロのどちらかを選択して使用する場合が多いです。

ザガーロの飲み方

1日1カプセルを食前食後問わず、24時間周期で飲んでください。

ザガーロの効果

AGAの原因のひとつとなっているのが「DHT」という男性ホルモンです。

ザガーロはそのDHTを作り出している「5α-リダクターゼ」という酵素のはたらきを阻害してDHTを作らせないようにする効果があります。

つまり、DHTを作らせないことでAGAによる抜け毛を防ぐ薬というわけですね。

プロペシアとの効果の違い

ザガーロと同じくDHTの生成を阻害してAGAを治療する薬にプロペシアがあります。

ザガーロとプロペシアの違いは「阻害できる5α-リダクターゼの数」です。

実は5α-リダクターゼにはI型と呼ばれるものとII型と呼ばれるものの2種類があり、フィナステリドはこのふたつのうちのII型しか阻害することができません。

一方でザガーロはI型とII型のふたつを阻害することができます。

要するに、ザガーロのほうがフィナステリドよりも効果が強いのです。

ザガーロは第二の手段?

と言っても、ほとんどのAGAはII型の5α-リダクターゼさえ阻害できればそれで十分にAGAが治療できていることが多く、I型がAGAに関わっている人は稀です。

そのため、まずはプロペシアを処方して、プロペシアが効かなかった場合のプランBとしてザガーロが用いられることが多いです。

ザガーロの副作用

ザガーロはプロペシアよりも効果が強い分、副作用もプロペシアより強めに出てしまいます。

最初の1~2ヶ月は初期脱毛で毛が抜ける

ザガーロを飲み始めると最初の1~2ヶ月あたりは大量に抜け毛が発生します。

これは初期脱毛といってもっと後に抜けるはずだった毛が前倒しで一気に抜けてしまう現象です。

本来は成長が止まった毛は毛穴に残ったまま抜け落ちるのを待っています。

しかし、ザガーロを使うと新しい毛が作り出されるまでの時間が早まるため、新しく作られた毛が古い毛を押し出してしまいます。

そのため、本来はもっと時間をかけて抜けるはずだった毛が一気に抜け落ちてしまうのです。

初期脱毛は副作用と言えば副作用ですが、薬の効果が現れてきた証拠でもあります。

不健康になるわけでもありませんし、必ず収まるものなので気にする必要はありません。

初期脱毛については「初期脱毛が起こる原因とその期間」で解説していますので、より詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

性機能低下

ザガーロは男性ホルモンの生成を抑えるため、性欲減衰や勃起障害といった性機能の低下が副作用として起こりやすいです

国内の試験では120人中20人に副作用が発生し、そのうち13人に勃起不全が確認されました。

国内の試験では 国内長期投与試験において、本剤が投与された総症例120例中20例(16.7%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全13例(10.8%)、リビドー減退10例(8.3%)、射精障害5例(4.2%)であった(承認時)。

引用元:添付文書:ザガーロカプセル0.1mg/ ザガーロカプセル0.5mg

10%は一見すると少ない数値に見えますが、薬の世界での副作用発現率10%は高い方なので、デュタステリドは副作用が起きやすい薬だと言えます。

乳房の異常

ごく稀(1%未満)に起こる副作用として乳房の痛みや違和感が確認されています。

また、更に稀ですが乳房が女性化する(膨らむ)という副作用もあるようです。

生殖系及び乳房障害

1%未満

乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)

引用元:添付文書:ザガーロカプセル0.1mg/ ザガーロカプセル0.5mg

肝機能障害

頻度不明(確認はされていないが報告はある)の副作用として肝機能障害があります。

肝臓に異常が出てくるのはザガーロの分解を肝臓で行っているためだと考えられます。

そのため、もともと肝臓の機能に障害を抱えている人はザガーロを使わないことが推奨されます

発ガン性についてはほぼ心配する必要はない!

一部では「ザガーロに発ガン性が!」と取り沙汰されていますが、実際にはそこまで発ガン性に怯える必要はないというのが私の意見です。

ザガーロに発がん性があると言われるようになったのは、海外で行われた4325人の患者に対して2〜4年間デュタステリドを投与する試験で乳がんの患者が3人報告された(3人中偽薬のみ服用の人物が1名)ことが原因だと思われます。

しかし、これは計算するとがんの発現率が約0.007%となり、ザガーロをがんの原因と結びつけるには少しばかり小さすぎる数字であるように思えます。

またこれらの試験は海外で行われたものであり、国内試験での乳がんの報告がないことから発ガン性について過度に心配する必要はないと言えるでしょう。

プロペシアとの副作用の違い

プロペシアには見られなかった乳房の異常が見られるのがザガーロとプロペシアの大きな違いです。

また、全体的に副作用の発現率がザガーロのほうが高く、性機能低下の副作用発現率はプロペシア(4.0%)の4倍以上になっています。

ザガーロの方が効果が高い分、副作用も強くなってしまっているわけです。

ザガーロの注意点

ザガーロには以下の禁忌があります。

禁忌
(次の患者には投与しないこと)
1.
本剤の成分及び他の5α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある患者
2.
女性[「重要な基本的注意」及び「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
3.
小児等[「重要な基本的注意」及び「小児等への投与」の項参照]
4.
重度の肝機能障害のある患者[本剤は主に肝臓で代謝されるため、血中濃度が上昇するおそれがある(「慎重投与」の項参照)。]

引用元:添付文書:ザガーロカプセル0.1mg/ ザガーロカプセル0.5mg

アレルギーの出る患者に使ってはいけない

ごく稀にですが、ザガーロでアレルギーを起こしてしまう人がいます。

そういった体質の人はザガーロを使うことができません。

また、プロペシアなどのフィナステリド錠剤でアレルギーを起こしてしまう人はザガーロでもアレルギーを起こしてしまう可能性が極めて高いため、フィナステリドでアレルギーを起こしたことがある人もザガーロを使えません。

女性・子供の服用は禁止

妊娠・出産した女性がザガーロを飲んだ場合、胎児への悪影響が考えられるため女性の服用は絶対にNGです

また、ザガーロは皮膚からも吸収される成分なので、触ることすら厳禁です。

子供に対しては安全性と薬の有効性が実証されていないためNGとなっています。

肝臓に障害を抱えている人の服用も禁止

ザガーロは肝臓で分解されるため、肝臓に障害を抱えている人が飲むと肝機能障害が悪化する危険性があります。

もともと肝臓の機能が弱い人はザガーロを飲まないようにしましょう。

ザガーロの入手方法と価格

ザガーロを手に入れる方法は「病院で処方してもらう」方法と「個人輸入で海外から通販する」方法のふたつがあります。

皮膚科やAGAクリニックで処方してもらう

問診する医師

ザガーロは「医療用医薬品」といって、医師の処方箋がなければ買えない薬です。

よって、手に入れようとするなら薄毛治療を専門としているAGAクリニックか皮膚科を受診する必要があります。

AGA治療は現在の法律では保険が適用されないため、AGAクリニックに行っても皮膚科に行ってもだいたい1ヶ月分で8000円前後の金額がかかります。

皮膚科に行ったところで保険が効かないので、HAELIERではAGAクリニックの受診をおすすめしています。AGAクリニックの医師は薄毛を専門としていますが、皮膚科の医師は薄毛を専門としていないからです。

値段が変わらないならより専門的な病院に行ったほうがいいですからね。

個人輸入(海外から通販)を行なう

個人輸入

ザガーロを手に入れるもうひとつの方法が海外から薬を通販する個人輸入です。

日本ではザガーロを手に入れるためには医師の処方箋が必要なのですが、実は他の国では薬局で買うことができるんですね。

なので、医者に行くのではなくその国から通販しようというのがこの方法です。個人的に輸入行為を行なうことから「個人輸入」と呼ばれています。

個人輸入だとザガーロのジェネリック医薬品(後発医薬品)が1ヶ月分2000円~3000円ほどで買えます。クリニックで処方されるものよりも圧倒的に安いため、コストパフォーマンス重視の人は個人輸入でザガーロを購入することが多いようです。

ただし、個人輸入にも大きな欠点があります。どんなに重い副作用が出たとしても国が保証してくれず、相談する医師もいないのです。安心・安全面での不安が大きい点には注意が必要ですね。

特にザガーロはプロペシアと違って副作用の発現率が高いため、国の保険が効かないというデメリットは大きくのしかかってきます。

個人輸入については「個人輸入を徹底解説」で詳しい解説をしているのでこちらの記事を参考にしてください。

AGA患者はザガーロとどう付き合っていくべきか

ザガーロは副作用の発症率や症状の内容から言っても「少なくとも好んで使うべき薬ではない」というのが私の意見です。

ザガーロが厚生労働省に承認されてからしばらく経つ今でもフィナステリド+ミノキシジルの組み合わせが薄毛治療のメジャーな方法として扱われているのもひとえに副作用というデメリットが大きすぎるからだと考えられます。

ただ、世の中にはフィナステリドが効かない人というのも結構な人数がおり、そういった人たちは作用機序がフィナステリドと同じであるザガーロを使わざるを得ないというのも現実です。

そういった点からも総合的な判断をすると、 「まずはプロペシア(フィナステリド)で治療を開始して、効果がない場合はお医者さんの指示に従って副作用に気をつけながらザガーロを使う」 というのがもっともよいザガーロとの付き合い方となるでしょう。

また治療中の判断は自己判断ではなくお医者さんの判断が重要となりますので、ザガーロの使用を検討しているのであれば薄毛治療を専門に行なっているAGAクリニックを受診すべきです。

まとめ

ザガーロはAGA専用の治療薬です。

その特性から女性や子供、円形脱毛症など別の症状の患者に使うことはできませんが、AGAの原因を抑える効果を持っているため、AGAの進行を抑えることには大きな効果を発揮します。

ただし副作用の強さと、プロペシアでAGAの治療が十分であるという点からいきなりザガーロで治療することは推奨できないでしょう。

まずはプロペシアから始めて、それでも効果がない場合はザガーロを使用するといった方法がおすすめです。

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング