妊娠中の女性

発毛剤 髪の毛の雑学

プロペシア服用で妊娠中の子供が奇形児になるって本当?

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページではプロペシアと胎児の関係について解説します。

1分でわかるプロペシアと胎児の関係

プロペシア前の子作りは大丈夫?」の記事でも解説しているように、プロペシアを服用している男性が子作りをしても胎児に影響を与えることはまず考えられない。

これは男性の精液中に含まれるプロペシアの成分は0.00076%以下で、人間の細胞1個にも満たないサイズであるため。

プロペシアが胎児に影響を与える恐れがあるのは事実だが、成分が0.00076%にまで減れば影響はほぼないと言っていいため、医学的にも服用中止は推奨されていない。

ただし、妊娠中の女性が直接プロペシアを飲むのは成分が100%体内に入ってしまうので絶対にNG。

子作り中の男性や妊娠中の妻がいる男性が自分でプロペシアを飲む分には構わないが、妻が誤って飲んでしまうことがないよう、薬品の管理には気をつけるべき。

プロペシアが胎児の発育に影響を及ぼしてしまう危険性はある

妊婦

プロペシアはAGAの原因物質であるDHTの生成を抑える薬ですが、DHTは胎児が男性生殖器を作るはたらきをするために必要不可欠な物質でもあります。

そのため、胎児のうちにプロペシアでDHTの分泌を阻害されると生殖器の成長に影響を与えてしまう恐れがあるのです。

本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用(DHT低下作用)により、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがある。

ですので、「プロペシアの成分で子供が奇形児になるか」と問われれば、「その可能性はある」というのが答えとなるでしょう。

子作り中の男性がプロペシアを飲む分には問題なし!

プロペシアは確かに胎児に影響を及ぼすおそれがありますが、それは母親がプロペシアを飲んだ場合の話です。

男性が子作り期間中にプロペシアを服用している分にはなにも問題はありません。

なぜなら、プロペシアの成分が精液に混ざってしまうことがほぼないからです。

データによれば、プロペシアを6週間使用した男性の精液に含まれるプロペシアの成分量は0.00076%以下となっています。

男性型脱毛症患者にフィナステリド1mgを1日1回6週間経口投与した時の精液中への移行量は極めて微量 (投与量の0.00076%以下) であった。

プロペシアの成分を0.00076%にしたものがどれくらい少ないかというと、人間の細胞1個よりも軽いと言えばわかるでしょうか。

要するにプロペシアを服用している男性の精液は人間の細胞ひとつ分のプロペシアにすら満たないので胎児にも影響が出ないのです。

プロペシアを飲んではいけないのは妊娠している女性、授乳中の女性だけです。

男性は子作り中でも服用して良いということになっていますので、安心して服用を続けてください。ただし、誤って奥さんが飲んでしまわないように管理は徹底してください。

どうしても気になる場合は1ヶ月前からの服用中止を

もし「0.00076%だろうが細胞1個分だろうがプロペシアの成分が混ざってしまうのは嫌だ!」という場合は服用を1ヶ月中止してから子作りを始めてください。

体内のプロペシアは1ヶ月で抜けていくため、1ヶ月間開けることでプロペシアの成分が精液に混入することを防げます。

まとめ

プロペシアの成分が胎児の発育に影響を与える可能性があるというのは事実です。

なので、妊婦や出産後に授乳している女性などは絶対にプロペシアを飲んではいけません。

ただし、プロペシアを飲んでいる男性が子作りをする分には何も問題がありません。これは精液中に混入するプロペシアの成分が、プロペシアの0.00076%以下というごく微量なものだからです。

結論としては、成分としては胎児に影響が出る可能性もあるが、女性が飲まない限りは安心なので、男性が薄毛治療をしながら子作りすることは可能です。