AGA(エージーエー) 発毛剤 薄毛治療

M字ハゲはAGA治療で治る!発毛剤の効果でどこまで回復する?

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは、AGAによるM字ハゲを治すための方法と、どこまで回復するかの目安を紹介しています。

AGA(M字ハゲ)は進行性の脱毛症!手遅れになる前に治療を受けよう!

まず最初に伝えておきたいのが、「M字ハゲは早く治療をしたほうが良い」ということです。

髪の毛を作る毛母細胞にも私達と同じように寿命があって、AGAは毛母細胞の寿命を徐々に縮めてしまいます。

なので、AGAを長い間放置すると普通より早く寿命が尽きてしまい、髪の毛が生えてこなくなるのです。

少しでも多く寿命が残っている内にAGAを治療して寿命を伸ばしてあげないと、M字ハゲの回復は段々と難しくなってしまいます。

AGAによるM字ハゲを治したいのであれば、寿命が残っている今のうちに治療を開始する必要があるんです。

AGA治療を受けたらどこまで回復する?

M字ハゲを治療する上で「治療をしたらどこまで回復するの?」という部分が気になりますよね。

もちろん治療の効果には個人差があるので、「絶対にこれくらい治る!」とは言えませんが、大体の目安くらいならわかります。

次は、M字ハゲを治療したらどこまで改善するのか、その目安を紹介したいと思います。

髪の毛が残っている部分までは回復する可能性がある!

まず、自分の後退している部分を見て、髪の毛があるかを確認しましょう。

もしもM字部分に細くても毛が残っている場合、毛母細胞は生きているので治療を受ければ回復する可能性があります

逆に、ツルツルになってしまっている部分は、毛母細胞が寿命を迎えているので、治療での回復は見込めません。

5年前くらいの状態までなら回復する可能性がある!

AGAでどこまで改善するのか、という質問に対してよく使われる目安が「自分の5年前の状態」です。

AGAは寿命を縮めていくと説明しましたが、1ヶ月や2ヶ月などの短期間で急激に縮めるわけではありません。

AGAが進行してM字ハゲになってしまっても、5年前くらいの状態までなら改善の余地があると言われています。

あくまでも「目安」という点に注意!

しかし、ここで挙げた目安は、あくまで「目安」です。

治療効果の出方によっては、目安よりもフサフサになることもありえますし、目安よりも回復しないこともありえます。

「今から治療を始めると、大体このくらいは回復する可能性がある」というただの目安として考えておきましょう。

本気でM字ハゲを治したいなら医療機関に行こう!

そして、本気でM字ハゲを治したいのであれば、医療機関に行きましょう。

よく「まずは育毛剤から」「まずはシャンプーから」という人がいますが、「AGAが治る育毛剤は存在しない!通販の育毛剤がAGAに効かないたったひとつの簡単な理由」や「「ハゲに効く薄毛防止シャンプー」なんて存在しない!「ハゲないシャンプー」が実在しないワケ」で紹介しているように、育毛剤やシャンプーにAGAを治療する効果はありません

治療にならないものを使っても、AGAによるM字ハゲは治ってくれません。

育毛剤やシャンプーを使うなというわけではありませんが、M字ハゲを回復させたいのであれば、医療機関に行って医学的な治療を受けるしかないのです。

AGA治療薬(発毛剤)の種類と効果

AGA治療薬というのは、国から「AGAを治療できる」という強い効果を認められた薬です。

現代のAGA治療はAGA治療薬を使うのが一般的で、AGA治療の基本中の基本という扱いになっています。

現在、国からAGA治療薬として認められている成分は「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」の3種類です。

次は、それぞれの成分が配合されている薬の種類と、その効果を紹介したいと思います。

フィナステリド(プロペシア)

フィナステリドは、AGAの原因の1つである5α-リダクターゼの働きを阻害して、AGAの進行を止める効果があります

AGAの進行を止めるので、AGA治療においては基本中の基本になっています。

ただし、フィナステリドには「勃起不全(ED)」「性欲減退」などの副作用が確認されているので注意しましょう。

フィナステリドが配合されている薬で有名なのは「プロペシア」で、価格は1ヶ月分で大体6,000円~8,000円くらいです。

フィナステリドについて詳しく知りたい人は、関連記事をご覧ください。

【関連記事】

デュタステリド(ザガーロ)

デュタステリドは、フィナステリドよりも強く5α-リダクターゼの働きを阻害して、AGAの進行を止める効果があります

フィナステリドと同じくAGAの進行を止める薬なので、AGA治療ではデュタステリドがフィナステリドのどちらかを使うことになります。

ただし、デュタステリドは効果が高い分「勃起不全(ED)」「性欲減退」などの副作用がフィナステリドよりも出やすいので、基本的にはフィナステリドから使い始める場合が多いです。

デュタステリドが配合されている薬で有名なのは「ザガーロ」で、価格は1ヶ月分で大体8,000円~10,000円くらいです。

デュタステリドについて詳しく知りたい人は、関連記事をご覧ください。

【関連記事】

ミノキシジル(リアップ・ミノキシジルタブレット)

ミノキシジルは、もともと血管を拡張する高血圧用の薬として開発されていた成分で、副作用で「使った部分に毛が生える」ということが判明して、AGA治療薬として使われるようになりました。

なぜ毛が生えるのかは解明されていませんが、「ミノキシジルが毛を作る毛母細胞を活性化させるから」という説が有力です。

ミノキシジルが配合されている薬は「塗り薬(外用薬)」と「飲み薬(ミノキシジルタブレット)」の2種類あって、それぞれ効果や副作用が違います。

まず、ミノキシジルの外用薬は、「塗った部分に毛が生える」という効果を持っていて、「かゆみ」「発疹」などの頭皮トラブル系の副作用が確認されています。

一方で、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は「全身の毛が濃くなる」という効果を持っていて、「動悸」「めまい」などの血圧系の副作用が確認されています。

ミノタブの方が副作用が重たい感じがしますが、ミノキシジル外用薬はミノタブに比べて効果が低めなので、どちらも一長一短です。

ミノキシジルという成分について、ミノキシジルの外用薬とミノタブについて知りたい人は、それぞれ関連記事をご覧ください。

【関連記事】

発毛治療の種類と効果

発毛治療は、ハゲ・薄毛の治療に対応している一部の医療機関で受けられる治療です。

発毛治療は大きくわけて「メソセラピー」「HARG療法」「自毛植毛」の3種類があります。

次は、それぞれの発毛治療を紹介します。

メソセラピー

メソセラピーは、ミノキシジルやフィナステリド、栄養などを配合したカクテルを、頭皮に注入する治療方法です。

メソセラピーはデータが少ないので効果の断言はできませんが、効果がほしい部分に直接成分を注入するので、飲み薬や塗り薬よりも高い効果が期待できると言われています

ただし、メソセラピーに使われているカクテルは、クリニックによって違うので、どこでも同じ効果が得られるわけではありません。

例えば、Aクリニックのメソセラピーはミノキシジルを使っていて、Bクリニックは栄養とフィナステリドがはいっている。という感じの違いがあるんですね。

メソセラピーを検討する際は、使われるカクテルをチェックしておきましょう

メソセラピーについて詳しく知りたい人は「育毛メソセラピーはAGAに効果あり?発毛効果と副作用を徹底解説」をご覧ください。

HARG療法

HARG治療

HARG療法は、メソセラピーと同じように、成分を頭皮に注入する治療方法です。

メソセラピーとの違いは、「HARG療法で使われるカクテルはどこでも同じ」「メソセラピーに入っている可能性があるミノキシジルやフィナステリドなどの薬が入っていない」の2点です。

HARG療法もデータが少ないため断言はできませんが、髪の毛を生やす細胞を修復し、髪の毛を生やす力を復活させる効果があると言われています。

HARG療法について詳しく知りたい人は「HARG治療には効果なし!?HARG治療の効果を徹底的に検証してみた」をご覧ください。

自毛植毛

自毛植毛は、自分の髪の毛を毛根ごと採取して、薄毛で悩んでいる部分に植え替える手術です。

植毛で植え替える毛はもともと生えていた部分の性質を受け継ぐので、AGAとの影響を受けない部分から採取すれば、その毛はAGAの影響を受けずに済みます。

なので、一度植毛した部分に関しては特別なケアは必要なく、普通の髪の毛として扱えば大丈夫です。

しかし、AGAの進行が続いている人が自毛植毛をすると、植毛していない部分が薄くなり続けて植毛部分が孤立する「離れ小島現象」が起きてしまうので注意が必要です。

自毛植毛について詳しく知りたい人は、それぞれ関連記事をご覧ください。

【関連記事】

まずはAGAクリニックで無料カウンセリングを受けるのもアリ

最初に、治療をしてどこまで回復するかの目安を紹介しましたが、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けると、「自分のM字ハゲがどれくらい進行しているのか」「どこまで回復する可能性があるのか」という部分を、マイクロスコープという特殊なカメラを使って毛穴を観察しながら教えてもらえます。

自分では確認しづらいAGAの進行度、どこまで毛が生えているのかが一発でわかるのです。

さらに、AGAクリニックの医師はAGAや治療方法にとても詳しいので、「どんな薬を使えば良いのか」「できるだけ副作用のリスクを減らすにはどうしたら良いのか」といった治療に関する不安にすべて答えてくれます。

他にも、効果や副作用をみて薬の濃度を調整してくれたり、正しい飲み方を指導してくれたりもします。

AGAによるM字ハゲの悩みや不安を相談するために、一度だけでも良いのでクリニックの無料カウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。

薄毛が進行しそうで、もうすぐに治したいという方は簡単に薬を処方してもらえるクリニックに行くのもおすすめです。