東京都内

豊洲パークシティ皮膚科(豊洲)のAGA治療について

豊洲パークシティ皮膚科の概要

豊洲パークシティ皮膚科はアレルギーや皮膚の病気をメインに治療している皮膚科の病院です。

保険適用の治療をしている、いわゆる「普通の病院」なのですが、レーザー脱毛やニキビ治療といった保険の効かない美容皮膚科も行っており、その一環でAGA治療薬の処方にも対応しています。

簡単に言ってしまえば「AGAも治療薬が貰える普通の病院」ですね。

このページでは豊洲パークシティ皮膚科のAGA治療についてだけ解説していこうと思います。

【関連記事】

プロペシアorザガーロで抜け毛を止めるAGA治療

豊洲パークシティ皮膚科でAGA治療を受けると「プロペシア」か「ザガーロ」のどちらかが処方されます。

このふたつの薬はAGA治療を受けるとの原因物質が作られないようにする効果を持っていて、簡単に言えば「抜け毛を止める治療」ができるのです。

ちなみにプロペシアとザガーロの違いは効果の強さ・副作用の出やすさです。

ザガーロは薄毛治療の効果がプロペシアよりも強いのですが、副作用もプロペシアよりも圧倒的に出やすいため、リスクを取るか効果の強さを取るかで使い分けます。

豊洲パークシティ皮膚科で治療を受ける際の注意点

AGA治療ではプロペシアやザガーロだけでなく、「ミノキシジル」という毛を生やす効果のある薬を使うのが一般的です。

単にプロペシア・ザガーロを使うだけでも一応毛は生えてくるようになるのですが、いったんAGAになった毛根はAGAの影響を受けなくなってもしばらくは休息状態(毛が生やせない状態)となってしまうんですね。

なので、ミノキシジルを使って無理やり毛を生やせる状態にして早くフサフサになれるようにしているのです。

ですが、豊洲パークシティ皮膚科ではミノキシジルが処方されていません。なので、早く毛をフサフサにすることができず、毛根の休息が終わるのを待たなければいけないのです。

毛根の休息が終わるのがいつなのかは個人差があるので具体的にどれくらいの期間待たなければならないのかはわかりません。

ただ、薄毛の症状が進んでいる人ほど長期間の休息期間を置く傾向にあるので、AGAの症状が重度の人は豊洲パークシティ皮膚科ではなくミノキシジルを置いているクリニックの方がいいかもしれません

豊洲パークシティ皮膚科の詳しい情報はこちらから

【関連記事】

閉じる