東京都内

飯田橋皮膚科スキンクリニック(飯田橋)のAGA治療に関して

飯田橋皮膚科スキンクリニックはどんなクリニック?

飯田橋皮膚科スキンクリニックはJR・地下鉄「飯田橋」駅から徒歩5分のところにある皮膚科です。

皮膚疾患一般、いぼの治療などの保険診療から、ケミカルピーリング、ビタミン注射、AGA治療などの保険外診療まで幅広く行っています。

平日夕方の17時までか、土曜日の午前中しか開いていないので、平日仕事の方は注意が必要ですね。

それではどのようなAGA治療を受けられるか、くわしく見ていきましょう。

【関連記事】

飯田橋皮膚科スキンクリニックで受けられるAGA治療は?

飯田橋皮膚科スキンクリニックで受けられるAGA治療は投薬治療になります。

処方してもらえる治療薬は「プロペシア」と「ザガーロ」の2種類です。

プロペシアとザガーロは、ともに「薄毛を抑える」という効果を持ちます。AGAの原因にDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンがあるのですが、その生成を抑えることができるのです。

プロペシアとザガーロの作用機序(効果のメカニズム)はほぼ同じですので、併用せずにどちらか片方を服用します。

ザガーロのほうが効果と副作用が強いですが、値段が高いです。治療を開始するときはプロペシアを服用し、効果に不満があるようならザガーロに帰るのが一般的ですね。

この2種類の薬は、薄毛の進行を抑える効果はかなり高いので、AGA治療の基本になります。 まずは薄毛の進行を止めて抜け毛を止めないことには、他の発毛治療もあまり効果が出ないのです。

しかし、あくまでもこの2種類の薬は「現状維持」の治療になります。 そこまで劇的な発毛効果を持っていないからです。

AGAは進行性の症状ですから、現状維持だけでも治療効果が出ていると言えるんですね。

プロペシアについては「プロペシアの効果と副作用を徹底解説」、ザガーロについては「AGA治療薬ザガーロの発毛効果と副作用を徹底解説」の記事で説明しているので、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

飯田橋皮膚科スキンクリニックでAGA治療を受ける際の注意!

上で述べた通り、飯田橋クリニック皮膚科クリニックで受けられる投薬治療は「現状維持」メインになります。「髪の毛を増やす」治療は行っていないのです。

薄毛が進行してしまっている人には、もしかしたら物足りない可能性がありますね。

髪の毛を生やす治療には、「ミノキシジル」という薬を使うのが一般的です。

ミノキシジルの効果は「髪を生やす」ことなので、プロペシアなどと併用することで薄毛を抑えつつ、髪を生やす効果が期待できるのです。

ミノキシジルには頭皮に塗る外用薬と内服薬の2種類があり、「ミノタブ」と言われる内服薬のほうが効果は高いです。

外用薬は有名な『リアップシリーズ』を薬局で購入することができますので、お手軽に使うことができます。 飯田橋皮膚科スキンクリニックでプロペシアかザガーロを処方してもらい、薬局でリアップを購入して併用するのはおすすめです。

また、効果の高い内服薬は薬局や一般的な皮膚科では処方していません。AGA治療を専門で行っているクリニックでないと手に入れにくいので、もしこちらがほしい方は他のクリニックを受診することも検討されたほうが良いでしょう。

飯田橋駅から徒歩5分!AGA治療が受けられる皮膚科『飯田橋皮膚科スキンクリニック』はこちらから

【関連記事】

閉じる