センブリの花

育毛剤

育毛剤によく配合されてる「センブリエキス」ってどんな効果なの?5分でわかるセンブリエキスの効果と副作用!

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

育毛剤の有効成分として良く見かける「センブリエキス」ですが、それがどういう効果を持っているのかは余り知られていないのが現状です。

このページでは、センブリエキスとはどういうもので、どういう効果を持っているのか。難しいことは抜きにしてさっくりと紹介します。

センブリエキスとは?

センブリの花

センブリエキスとはその名のとおりセンブリという植物から抽出したエキスのことです。より科学的に言うなら「スウェルチアマリン」と「オレアノール酸」という成分を主成分として取り出したものとなります。

薄毛業界では通販サイトでよく売られている育毛剤の有効成分として有名です。

センブリとは「当薬」とも呼ばれている植物で、日本では古来から胃腸薬として使われてきました。いわゆる「生薬」というやつですね。

ちなみにセンブリは苦味がとんでもなく強いのが特徴で「最も苦いハーブ」とも言われています。たまにテレビのバラエティ番組なんかで罰ゲームとしてメチャクチャ苦い「センブリ茶」が登場することがありますが、あのセンブリ茶の原料となっているのがセンブリです。

センブリエキスの効果

センブリエキスが持っている効果は血行の改善です。

この血行改善効果によってセンブリエキスは「髪の毛に良い成分」として扱われるようになりました。

髪の毛も体と同じく成長するためには栄養を必要としていて、不足すると髪の毛が弱ったり抜けたりしてしまいます。

そして、その栄養を運ぶのは血液なので、血液の流れをよくすれば髪の毛に栄養が運ばれやすくなって育ちやすくなるという理論です。

実は育毛剤に配合されている有効成分の多くは「炎症を防ぐ」とか「アレルギーを抑える」という効果ばかりで、直接的に育毛できる成分があまり入っていないことが多いのですが、唯一センブリエキスだけはかなり真っ当に毛に対して良い効果を与えている成分なんです。

センブリエキスでは薄毛は治らない!

ただ残念なことに、センブリエキスで薄毛を改善したり、治療することはできません。

これは男性の薄毛が「AGA(男性型脱毛症)」という脱毛症によって引き起こされているためです。

AGAは遺伝的な要素と男性ホルモンの組み合わせによって抜け毛を引き起こす物質が作られてしまうことが原因で起こっているため、血液の流れの良し悪しはまったく関係がありません。

血液の流れをどれだけよくしたところで抜け毛を引き起こす物質は作られまくってしまうので、センブリエキスをどれだけ使っても薄毛は治らないのです。

センブリエキスの副作用

「副作用がない」ことを売りにしている育毛剤にもセンブリエキスが配合されていることからもわかるように、センブリエキスには副作用がありません

これを聞くと「センブリエキスはすごい!」と感じる人が多いかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

多くの人は「副作用」をただのデメリットだと思っているでしょうが、それは違います。

副作用とは「目的とする効果とは別の効果」を指す言葉です。

例えば育毛剤よりも効果の強い「発毛剤」として販売されている「ミノキシジル」には大量に服用すると低血圧になる危険性があるという副作用があります。

しかし、これは薄毛治療をしている人目線から見たときに副作用になっているというだけで、ミノキシジルはもともと高血圧の治療のために作られた薬なので血圧が下がって当然なのです。

高血圧の治療にミノキシジルを使ってる人からすればむしろ「毛が生えてくる」って方が副作用になっているわけなのです。

つまり、自分が求める作用と副作用っていうのは飲む人によって変わってくるので、なんらかの効果がある薬というのは副作用があって当たり前なんです。

その副作用がないということは改善効果にしろ有害な効果にしろ、強い効果は無いということなんです。

なのでセンブリエキスには副作用がありませんが、それは同時に「強い育毛効果も持っていない」ということを示してしまっているわけなんですね。