髪の毛の雑学

髪の毛が抜ける病気って何があるの?脱毛を伴う病気について解説

▼おすすめ発毛剤人気ランキング
【1位】メディカルミノキ510月限定新規会員登録キャンペーン中!
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

皆さんは髪の毛が異常な抜け毛があった時はきちんと病院に行ってますか?

最近ではAGAや円形脱毛症が有名ですが、抜け毛の原因はそれだけではないんです。

皆さんが知らないだけで、世の中には抜け毛を伴う病気が数多く存在しています。

どのような病気がどのような症状で現れるのかを知っておくと早期に発見できて、完治できる可能性が上がります

このページでは脱毛を伴う病気についてまとめました。

脱毛を伴う病気にはどんなものがある?

よく、正常な抜け毛を病気による抜け毛だと思い込んで大量のストレスを抱える人がいます。

ですが、私たちの髪の毛は定期的に生え変わっているので、毛がまったく抜けない人なんて存在しません。

なので、毛が抜けること自体に恐怖を覚える必要はないのです。

具体的には毎日の抜け毛が100本以内ならそれは正常な抜け毛だと考えていいでしょう。

しかし、時折そういった正常な抜け毛ではなく病気によって脱毛が起こってしまうことがあります。

脱毛を引き起こす病気には、

  • 円形脱毛症
  • AGA(男性型脱毛症)
  • 脂漏性皮膚炎
  • 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
  • 甲状腺機能低下症
  • 梅毒性脱毛症

円形脱毛症

円形脱毛症の症例写真

数ある脱毛症の中でも、もっとも有名と言っても過言ではないのが円形脱毛症です。

円形脱毛症は名前の通り円の形に毛が抜ける病気で、だいたい10円硬貨ほどの大きさのハゲができることから「10円ハゲ」と呼ばれることもあります。

脱毛部は1〜2個なことが多いですが、稀に大量に発生したり、頭部全体に脱毛が及んでしまうケースも確認されています。

多くの場合は放置していれば自然治癒しますが、頭部全体に大量発生するようなケースでは皮膚科での治療が必要となる可能性が高いです。

AGA(男性型脱毛症)

男性の悩みである「薄毛」の原因となっているのが「AGA(男性型脱毛症)」です。

AGAは特殊な遺伝子を遺伝した人が男性ホルモンを抜け毛誘発物質へと変えてしまうことが原因で引き起こされる脱毛症です。

簡単に言えば、遺伝的に男性ホルモンが薄毛につながりやすくなる病気という感じでしょうか。

AGAについては「AGA(エージーエー)とは?男性型脱毛症による薄毛・ハゲの原因と治し方!」でも解説しているのでこちらの記事も併せて参考にしてください。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は人間であれば誰もが持っている「マラセチア」という菌が頭皮に溜まった皮脂をエサにして大繁殖し、頭皮に炎症が起こる皮膚の病気です。

一言で言えば大量のフケと大量の皮脂が発生し、頭皮が炎症を起こす病気で炎症がひどくなると脱毛が起こることもあります。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

バセドウ病は新陳代謝を高める甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまう病気で、脱毛の他にも「目が飛び出て来る」とか、「首が太くなる」、「手が細かく震える」といった症状が起こることが特徴です。

脱毛の症状は起こるものの、頭皮や髪の毛に異常があるわけではないので内科や甲状腺疾患の病院を受診して治療してもらう必要があります。

甲状腺機能低下症

バセドウ病とは真逆で、甲状腺ホルモンが全然分泌されなくなってしまうことによって起こるのが甲状腺機能低下症です。

新陳代謝が行われなくなるということはつまり「エネルギーを利用できなくなる」わけで、全身に強い倦怠感が起こる他、皮膚の活動が低下するために皮脂が分泌されなくなって頭皮が乾燥したり、髪の毛の細胞分裂が行われなくなって毛が抜けてしまうといった症状が起こることがあります。

やはりこちらも頭皮・髪の毛の問題ではないため、内科や甲状腺疾患専門の病院を受診して治療してもらう必要があります。

梅毒性脱毛症

性病のひとつとして有名な「梅毒」でも脱毛の症状が起こることがあります。

梅毒性の脱毛症はAGAのように脱毛部分が決まっていたり、円形脱毛症のように局所的な脱毛が起こるわけではなく、髪の毛全体が薄くなっていくような抜け毛が起こります。

いわゆる「びまん性脱毛症」という症状です。

梅毒性の脱毛は名前のとおり梅毒が原因ですから、脱毛のみが対策されるというよりは梅毒の治療を行なっていくことになります。

病気ではない脱毛症

上記の脱毛症は病気によって身体に異常が起こった結果の脱毛でしたが、その他にも「物理的に毛が抜けてしまう」ケースがあります。

医学的にも「牽引性脱毛症」や「圧迫性脱毛症」といった名前がつけられていて、少なくないケースが確認されています。

この項目では、そういった物理的な脱毛について見ていきましょう。

牽引性脱毛症

ポニーテールの牽引性脱毛

牽引性脱毛症は髪の毛が引っ張られることで抜けてしまう脱毛症です。

特に髪を結んだりエクステをつけることが多い女性に起こりやすい傾向があります。

圧迫性脱毛症

牽引性脱毛症とも似ていますが、圧迫性脱毛症はヘルメットなどで頭を圧迫することが原因で引き起こされる脱毛症です。

頭皮が強く圧迫されることで血液がうまく循環できなくなり、その結果、うまく栄養が得られなくなった毛が抜けてしまうのです。

薄毛の予防・治療には発毛剤『メディカルミノキ5』

薄毛の予防や治療で悩んでいる人には育毛剤ではなく「悩むくらいならとりあえずメディカルミノキ5」とおすすめしています。

育毛剤は化粧水のようなもので、ワンランク上の頭皮ケアです。
発毛効果は認められておらず、薄毛に悩むひとの大半が育毛剤では満足な効果を得られません。
もし育毛剤と発毛剤の違いがわからない方は「発毛剤と育毛剤って何が違うの?医薬品と医薬部外品の違いを解説!」で詳しく紹介しているのでぜひチェックしてください。

当サイトで『メディカルミノキ5』をおすすめする理由をすべて以下にまとめました。

  1. 「発毛剤」として、発毛効果が認められている。
  2. 外用薬なので気軽に使うことができる。
  3. 公式サイトでネット購入できポイント還元でお得。
  4. シャンプーやサプリなど余分なものを購入する必要がない。
  5. 臨床試験など発毛症例多数!※当サイト発毛剤治療ブログで発毛実績あり

さらに詳しい情報や購入方法は公式サイトにあるので、メディカルミノキ5に興味を持った人はぜひチェックしてみてください!
10月限定で新規会員登録キャンペーン中で500ポイントもらえます。