髪の毛の雑学

ひまし油がハゲに効く!?育毛効果を検証してみた

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

みなさん「ひまし油」ってご存知ですか?

まったくもって聞きなれない名前ですし、知らない人は一生知らないまま過ごしても何の問題もない物質なのですが、実は今、このひまし油に育毛効果があるという噂が広がっているんですよね。

育毛効果と聞いては「知らないままでもいい」なんて言ってられません。

そこで今回はひまし油のもつ育毛効果が本物なのかどうか検証していきたいと思います。

そもそもひまし油ってなに?

聞きなれない名前でしょうから、まずは「ひまし油」とは何かということについて説明したいと思います。

ひまし油は「トウゴマ」という植物の種子から作った油で、石鹸や塗料、香水などの原料としても使われる植物性油です。

成分として「リシン」という猛毒を含んでおり、口に入れる際には十分な注意が必要なシロモノです。当然食用ではありません。単体では下剤として使われることもあります。

古来から化粧品のような用途で使われており、今回の「ハゲに効く」という噂も「頭皮に塗れば毛が早く生える」という情報が昔から言い伝えられていたことが主な原因となっています。

ひまし油に育毛効果はあるの?

結論から言えば、ひまし油に毛を生やしたり薄毛を治すような効果はありません

ひまし油が持っていると言われている効果は「頭皮の血行促進」です。

頭皮の血流を良くすることで髪の毛に栄養が行き渡りやすくなるというのがひまし油で育毛ができる理論なわけですが、これは逆に言えば、薄毛の原因が頭皮の乾燥や血行の悪化じゃないならひまし油に効果はないということでもあります。

そして、一般的にハゲとか薄毛と言われているような症状には頭皮の血行の良し悪しが関係ないのです。

ひまし油はAGA(男性型脱毛症)に対しては一切効果なし!

男性の薄毛症状はそのほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」という脱毛症によって引き起こされています。

たとえば上の画像のように頭頂部が薄くなったり、あるいは生え際が後退していわゆる「M字ハゲ」と呼ばれる薄毛症状を起こすのがAGAです。

AGAは遺伝的な性質と男性ホルモンが組み合わさることによって引き起こされる脱毛症であり、厳密には身体的な異常ではありません。

男性ホルモンは人間なら誰もが持っている物質ですし、遺伝的な素養は親から受け継いで生まれ持ってきた性質だからです。

つまり、身もふたもないことを言ってしまえば、AGAの人は生まれながらにして薄毛になることが決定していた「薄毛の才能の持ち主」なんですよね。

そしてAGAの原因である遺伝にも男性ホルモンにも血流の流れはまったく関係ないわけですから、ひまし油をどれだけ頭皮に塗りたくったとしても薄毛を改善する効果は得られないのです。

薄毛を改善したいときはどうすればいいの?

今のところ、薄毛を改善したいなら病院に行って薄毛の進行を止める薬と毛を生やす薬をもらうのがおすすめです。

先ほども説明したように、AGAは遺伝と男性ホルモンという、どちらも健康な男性なら持っていて当然のものが原因となって引き起こされています。

要するに、身体的な異常が原因ではないので、健康そのものでも薄毛が起こってしまうのです。

身体が健康でも発生する薄毛症状は個人レベルの対策ではどうしようもありません

なので病院でそれを抑える薬をもらうしかないのです。