AGA(エージーエー)

若ハゲ・薄毛で馬鹿にされる理由と対処方法とは

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは薄毛の男性が馬鹿にされてしまう理由とその対処方法を考えていきます。

薄毛が馬鹿にされるのは見た目に違和感があるから!

薄毛が馬鹿にされる理由は、厳密には薄毛が原因ではありません。

毛が薄いというのは原因のひとつではあるのですが、薄毛が馬鹿にされてしまう本質的な原因は「見た目に違和感がある」からなのです。

たとえば芸能人の所ジョージさんは明らかにAGAの典型的な症状が出ている薄毛の男性ですが、彼のことを馬鹿にしている人はほとんどいませんよね。

これはなにも所ジョージさんが有名な人だから特別というわけではありません。彼が薄毛でありながら違和感のない見た目をしているから馬鹿にされていないのです。

薄毛でも馬鹿にされていない人たちはこの違和感を消すのがとても上手です。

どれだけ気を使っても単に薄毛だというだけで馬鹿にしてくる心無い人も時折いますが、見た目に気を使えば馬鹿にされることは確実に減ってきます。

そこで今回は薄毛の違和感を消すためにどういった点に気をつければいいのかを考えていきましょう。

薄毛に似合う髪型にする

薄毛には薄毛に似合う髪型と似合わない髪型があって、似合わない髪型をしていると違和感が大きくなってしまいます

もっとも手軽で即効性のある対処方法は髪型を変えることです。

薄毛の人は髪の毛を伸ばすと薄毛の部分とそうでない部分の対比が色濃く出て来てしまうため、余計に薄毛が目立ちます。

よくあるミスが、髪の毛を伸ばして長くなった部分で薄い部分を隠そうとすることです。

これは完全に逆効果です。自分で鏡をみてイケてると思っても、ほんの少し崩れただけでその部分が目立ってしまうため、ほぼ意味がないどころか、むしろ悪影響とまで言えるでしょう。

ですので、まず短髪にすることは絶対です。

坊主頭やソフトモヒカンのような毛ができるだけ短い髪型を選びましょう。

薄毛の男性向けの髪型は「薄毛男性に似合う髪型20選」で詳しく解説していますのでこちらの記事を参考にしてください。

ヘアワックスやヘアスプレーでヘアスタイルを整える

基本的に、短髪の男性がワックスやヘアスプレーで髪の毛を立てると毛の隙間から頭皮が透けて見えているのが当然の状況になります。これは薄毛でなくてもです。

なぜなら、短髪にすることで髪の毛で頭皮を覆っている面積が狭くなり、さらに髪の毛を束にして立てることで、より髪の毛で頭皮を隠せる面積が少なくなるからです。

つまり、薄毛の人がワックスやヘアスプレーで髪の毛を立てていて頭皮が見えてしまっていても、短髪ならあまり違和感のある見た目にならないということなんですね。

ワックスやヘアスプレーのような整髪料は髪の毛によくないと思って使っていない人が多いですが、整髪料を使わないと髪の毛がペタンと寝てしまい、それが違和感につながることがあります。

確かに大量に整髪料をつけたり、整髪料をつけっぱなしにして洗い流さずにいたりすることは髪の毛や頭皮に悪影響を与えてしまうことがありますが、適量の整髪料で髪型を整え、整髪料を使った日はきちんと洗い流すことを心がけていればそのような心配はありません。

ですので、見た目の違和感を減らしたいのならば髪の毛をカットするだけでなく、きちんと日常的にヘアスタイルを整えましょう。

衣服に気を使う

衣服といっても別に「薄毛が目立たなくなるファッションがある」という話ではありません。

単純に「着ている服に気を配ろう」というだけの話です。

これは髪型の項でも説明した「見た目の違和感」の話にも通じます。

人は衣服や髪型、顔立ちといった様々な要素を総合的に判断して「違和感」を感じ取っています。

そのため、衣服への配慮が足りない人は「見た目に気を使わない人」という扱いになり、髪の毛まで含めて「見た目に違和感がある」と思われてしまうのです

たとえばヨレヨレのTシャツにシワだらけのズボンを履いている人は第一印象で「オシャレに気を使っていない人」、「清潔感のない人」という烙印を押されます。

もしこの人が薄毛だったら、たとえ短髪でも「衣服同様に髪型も清潔感がなくオシャレじゃない」という印象を持たれ、薄毛を馬鹿にされてしまうでしょう。

ですが、まったく同じシャツとズボンでもきちんと選択してアイロンをかけているだけで印象は大きく変わってきます。

衣服に清潔感があれば髪型に関しても清潔感があると思われ、馬鹿にされる可能性は低くなります。

服装のTPOも大事

また、TPOをわきまえた服装にするというのも大事です。

いくら清潔感があっても、周りがみんなスーツ姿の場所でTシャツとジーパンのような服装をしていたら目立ちますしからね。

そういう意味では流行を追うというのも比較的重要な要素となります。

最新流行を追いかける必要はないですが、流行からあまりにもズレた服装をしていると目立ってしまいます

とにかく、薄毛を馬鹿にされないようにするということは、見た目を全体的に改善していくということなのです。

薄毛そのものを治したいなら医学的な治療を!

男性の薄毛はその多くがAGA(男性型脱毛症)という「遺伝」と「男性ホルモン」というふたつの要素が原因となって起こる脱毛症によって引き起こされています。

生まれ持った特徴である遺伝と、分泌されていないほうが異常な男性ホルモンが原因となっているため、AGAはあなたの健康状態とは無関係に進行していきます。簡単に言えば、AGAは身体的な異常や不健康ではないのです。

そのため、AGAによる薄毛は薬や手術による医学的な治療でしか改善することはありません

もしもあなたが「薄毛を本当に治したい。毛を生やしたい」と思っているのなら、医学的な治療をするしかないのです。

AGAの医学的な治療については「AGAの医学的治療法まとめ」の記事で詳しく解説しているので、治療について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

薄毛の人が馬鹿にされてしまうのは単に「毛が薄いから」というのが原因ではなく、「見た目に違和感がある」ということが根本的な原因となっています。

薄毛でもかっこいい、オシャレだと思われている芸能人が多くいることからもわかるように、薄毛でも髪型やファッション次第では馬鹿にされないのです。

薄毛の人に似合う髪型については「薄毛男性に似合う髪型20選」の記事でご紹介しているのでこちらの記事を参考にしてください。

もし「薄毛を治したい。見た目の違和感をなくすのではなく毛を生やすことで改善したい」と考えている場合は医学的な治療が必要ですので、薄毛治療を専門としたクリニックを受診するのがおすすめです!