発毛剤

AGAが改善する発毛剤まとめ!発毛促進ではなく「毛が生える」発毛剤とは?

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは本当に毛が生える効果を持った発毛剤について解説します。

発毛剤と育毛剤の違い

みなさんは「発毛剤」と「育毛剤」がまったく違うものだということを知っていますか?。

このふたつは名前が非常に似ているので同じものだと思いがちですが、実は明確な違いがあります。

毛が生える効果を持ったものだけが発毛剤と名乗ることを許されていて、育毛剤では毛が生えないのです。

髪が生えない市販の育毛剤

まず、通販サイトで売っているような育毛剤では薄毛を治すことは絶対にできません。

なぜなら薄毛治療のための毛が生える成分が配合されていないからです。

市販の育毛剤に配合されているのは健康な髪の毛を保つための成分であって、薄毛の人が失った毛を取り戻すための成分ではありません。

「発毛剤」ではなく「育毛剤」と名乗っているのも、国によって「毛が生える効果を持つ薬以外は『発毛』という言葉を使ってはいけない」と決まっているからです。

一度、育毛剤の広告をじっくりと読んでみるとわかりますが、育毛剤の宣伝は「失った自信が蘇る」とか「実感する」とか「ハリ・コシが出てくる」といった表現ばかりで、「毛が生える」とか「発毛」といった言葉はひとつも出てきません。これもその決まりによるものなのです。

法律的にも「医薬部外品」という「効果が微弱な薬」扱いになっています。良い効果だろうと悪い効果だろうと、人体に与える影響がとても弱いので、医者の処方箋がなくても気軽に買えます。

詳しくは「育毛剤の真実」でも解説していますが、要するに何を使おうとそれが育毛剤である限り毛は生えないのです。

髪を生やせる発毛剤

発毛剤は実際に薄毛を治療して毛を生やすことができる薬のことです。

基本的には皮膚科や薄毛治療を専門としたクリニックで処方してもらえる薬が発毛剤にあたります。毛を生やせるので「発毛」という言葉を使うことを許されているのです。

発毛剤の効果は「薄毛の原因を阻害して抜け毛を止める」か「直接的に毛を生やす」かのどちらかです。

前者の場合は厳密には毛を生やしているわけではないのですが、抜け毛を止めることで毛が生えてくるようになるため、発毛剤ということになっています。

発毛剤はその効果の強さから医師の処方箋がなければ買えないと法律で決まっています。

そのため、基本的にはクリニックで処方してもらうしかありません。

ただし「大正製薬」から発売されている『リアップ』シリーズだけは例外で、薬局で買うことのできる唯一の発毛剤となっています。

現在、発毛剤と呼ばれているのは3種類

毛が生える発毛剤は3種類

2018年現在、日本で発毛剤と認められている成分はたったの3種類しかありません

それは「ミノキシジル」「フィナステリド」「デュタステリド」です。

さらにこの3つのうち、フィナステリドとデュタステリドはAGA(男性型脱毛症)専用の治療薬であり、年齢や性別、症状を問わずに使えるのはミノキシジルしかありません。

つまりAGA以外の薄毛で悩んでいる人にとって、発毛剤はミノキシジルしか存在しないのです。

ミノキシジルについては「ミノキシジルを徹底解説」の記事でも詳しく解説していますが、ここでもざっと解説しておきましょう。

より詳しく知りたい方は上記の記事を参考にしてください。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは単純明快に「毛を生やす」という効果を持った、文字どおりの毛生え薬です。

もともと高血圧の治療薬として開発された成分で、その試験中に「飲んだ人に毛が生えてくる」という副作用が見つかったために発毛剤として使われるようになったという経緯があります。

「よくわからないけど高血圧の薬を飲んだら毛が生えてしまった」
「じゃあそれを逆手にとって毛が生える薬として使おう!」
とまあこういうことがあったわけですね。

ミノキシジルには塗り薬と飲み薬の2種類がある

ミノキシジルには「リアップ」や「ロゲイン」という名前で知られている外用薬と「ロニテン」や「ノキシジル」という商品名で流通している内服薬があります。

内服薬は商品名よりもミノキシジルの錠剤を意味する「ミノキシジルタブレット」あるいはその略称の「ミノタブ」の方が名前としては有名です。

ミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類があるわけですが、このふたつのうち、日本で薬として認可されているのは外用薬のリアップシリーズのみです内服薬のミノキシジルは日本では未認可の薬となります。

ただ外用薬は効果が弱いため副作用がほとんどなく、内服薬は効果が強い代わりに副作用も強いという違いがあります。より効果の強い内服薬を求めている人は未認可なのを承知の上で内服薬を使うことが多いです。

ミノキシジル外用薬について

ミノキシジルの外用薬は塗った部分から毛が生えてくるという毛生え薬です。

現在は大正製薬のリアップシリーズがこの国で唯一認可されているミノキシジル発毛剤であり、初めて認可された発毛剤でもあります。

※アンファー社からリアップのジェネリック医薬品として『メディカルミノキ5』が発売されましたが、説明書の不備のため現在発売中止中です。

ミノキシジル外用薬の効果

ミノキシジル外用薬は塗った場所に毛が生えてくるようになるという効果を持っています。

いったいなぜ塗るだけで毛が生えてくるようになるのか、それは現代医学ではまだ解明されていません。

先ほども言ったようにミノキシジルはもともと血圧の薬で、発毛効果は副作用として出てきました。つまり意図して作り出した発毛効果ではないということです。

そのため、何がどのようになって効果を発揮しているのかがわからないのです。

よくわからないが使うと毛が生えてくる。それがミノキシジルというわけです。

ミノキシジル外用薬の副作用

頭皮の軽い炎症によるかゆみや発疹

ミノキシジル外用薬の副作用でもっとも多く確認されているのは頭皮のかゆみ、発疹です

リアップの販売元である大正製薬がホームページで公開しているデータによれば、リアップX5の副作用発現率は被験者50人中8.0%で、内訳が湿疹2.0%、毛のう炎2.0%、接触皮膚炎2.0%、その他2.0%となっています。

要するに50人中4人に副作用が出て、それぞれの症状が1人ずつ居たということですね。

試験人数がたったの50人なのでデータとしての正確性には欠けますが、これを見る限り、ミノキシジル外用薬の副作用は頭皮が軽い炎症を起こす程度だと言えるでしょう。

低血圧になる副作用はないと言っていい

一部では「もとは降圧剤のミノキシジル外用薬を使うと低血圧になる」と危険性を広めている人もいますが、実際にミノキシジルを頭皮に塗って低血圧になる可能性はかなり低いと言っていいです。

なぜなら、外用薬は血圧を下げるにはミノキシジルの濃度が低すぎるからです。

市販されているミノキシジル外用薬でもっとも濃度が高いのは「リアップX5」の濃度5%です。

リアップは1日あたり1mlの使用を推奨されてますから、1mlの5%=0.5mgのミノキシジルが頭皮に塗られることになります。

一方で、高血圧治療に使われるミノキシジルはミノキシジル5mg配合の錠剤か10mg配合の錠剤を使うことになっています。これはリアップの10倍から20倍の濃度です。

ミノキシジルはここまでの濃度で使わないと血圧が下がらないのです。

しかも高血圧治療に使うミノキシジルは飲み薬なのに対してリアップは塗り薬ですから、身体全体までミノキシジルが行き渡りません。

これらの点からミノキシジル外用薬に血圧を下げる副作用はほぼないと言っていいでしょう。

ミノキシジル外用薬の使用期間

ミノキシジルを使ってもすぐに毛が生えてくるというわけではありません。

1~2ヶ月使っても効果が現れないのが普通で、実際にリアップを発売している大正製薬は6ヶ月以上の使用を推奨しています

ホームページ上で公開している実験データでも6ヶ月以上使えば9割以上に改善が見られるが、3ヶ月だと6割程度に収まるとなっています。

4週間後にはすでに軽度改善が見られるようになり、8週間後には被験者の1割以上に、12週間後には6割近くに軽度改善が見られました。24週間後、つまり約6ヵ月後からは「軽度改善」「中等度改善」「著明改善」をあわせて、実に9割以上に改善が見られます。 24週間後から「軽度改善」より「中等度改善」の評価の割合が高くなっています。まずは半年、そしてより長く継続することで、改善の度合いも高くなることが期待できそうです。

また、改善といっても改善度合いには大小あります。「改善する」ということは必ずしも髪の毛がフサフサになることを意味しません。

そういった点も含めて考えると、「改善には半年以上が必要だが、満足できるまでには年単位の時間がかかることも珍しくない」というのが落とし所だと思います。

また、ミノキシジルは薄毛の原因を取り除くわけではなく、あくまで使っている間に毛を生やすだけなので、使用を中止すると再び抜け毛がおこります。この点には注意しましょう

ミノキシジル外用薬の入手方法と値段

現在の日本で認可されているミノキシジル外用薬は大正製薬のリアップのみとなっています。(現在はメディカルミノキ5もあります)

各病院で処方する医療用医薬品を除くと、入手方法は薬局やドラッグストアでリアップを買うのみです。

リアップシリーズには濃度が5%になった「リアップX5プラス」や女性向けの「リアップリジェンヌ」などがあり、ミノキシジル濃度1%の商品が2ヶ月分で約5500円、濃度5%の商品が2ヶ月分で約7000円という値段設定になっています。

日本で未認可のミノキシジル外用薬を手に入れる

ミノキシジル外用薬は日本で未認可のもの(海外で流通しているもの)も存在するため、海外から仕入れることで日本では未認可のミノキシジル外用薬を手に入れることもできます。これを「個人輸入」と言います。

個人輸入をするメリットはリアップよりも高い濃度のミノキシジル外用薬が手に入ったり、同じ濃度でもリアップより安い商品が買えることです。

ただし日本で未認可の薬を使う場合、粗悪品を掴んだり副作用が出てしまっても国が何も保証してくれないというデメリットがあるため、リスクを負ってまで安く買いたい人以外にはオススメできない方法です。

また、一部のコストコでは「カークランド」という濃度5%のミノキシジル外用薬が販売されており、こちらもリアップより2000円ほど安い価格設定となっているようです。

ミノキシジル内服薬(ミノタブ・ミノキシジルタブレット)

ミノキシジル内服薬は薄毛治療を専門としているクリニックでのみ処方されている薬で、「ミノタブ」「ミノキシジルタブレット」などとも呼ばれています。

ミノキシジル内服薬の特徴は日本では発毛剤として認可されていないことです。

薄毛治療専門のクリニックでしか処方されていないのも、ミノキシジル内服薬が未認可の薬なので一般的な皮膚科のような保険医療機関では処方することができないためです。
(あらゆる治療に保険が適用されない医療機関でなければ未認可の薬は処方できない決まりがあります)

ただ、ミノキシジル内服薬が認可されていない理由は『強すぎる効果』にあるため、強い効果を求める人は未認可なのを承知で処方してもらっているという現実があります。

ミノキシジル内服薬の効果

ミノキシジル内服薬の効果は外用薬と同じく毛を生やすというものですが、外用薬と違って体内から作用します。

外用薬は皮膚から成分を吸収しますが、内服薬だと体内で分解されて血液に乗って運ばれるというわけですね。

人間の皮膚は雑菌などをバリアする効果が薬の成分にもはたらいてしまうため、外用薬だとあまり効率よく吸収することができません。

そのため、身体の内部から成分を運んでくれる内服薬の方が効果が高いのです。

ミノキシジル内服薬の副作用

血圧低下による頭痛、肩こり、顔のむくみ

薄毛治療に使われるミノキシジル内服薬は血圧を下げる効果が出過ぎては困るので、主に2.5mgと5.0mgが使われています。

2.5mgはともかく、5.0mgは高血圧治療でも使われる濃度ですから、血圧を下げる効果がかなり強く出てしまうようです。

具体的な症状は頭痛、肩こり、めまい、顔のむくみなどです

日本ではミノキシジル内服薬が発毛剤として認可されていないせいで臨床試験が行われておらず、副作用の詳しい発現率はわかっていないのですが、多くの人にこれらの症状が出てきているようです。

発毛効果が全身に出てくるせいで「毛深く」なる

ミノキシジル内服薬の副作用として本命なのが「毛深くなる」というものです。これはほぼ確実に起きると言っていいでしょう。

なぜなら、毛深くなることと髪の毛が生えることはまったく同じメカニズムで起こっているからです。

ミノキシジル外用薬の毛を生やす効果が髪の毛にしか起こらないのは、外用薬は頭にしか塗っていないからです。

ミノキシジルを吸収した場所でのみ効果が発揮されるため、髪の毛しか生えなかったのです。

しかし、内服薬は吸収した成分が身体全体に行き渡ります。

そのため、身体全体で毛が生える効果が発揮され、腕毛やすね毛、胸毛も生えてきてしまうのです。

この身体が毛深くなるという副作用は美容の面から考えると非常に大きなデメリットとなってしまうため、特に女性の場合は内服薬を選ばない場合が多いです。

ミノキシジル内服薬の入手方法と価格

美容クリニックや薄毛治療専門のクリニックで処方してもらう

問診する医師

ミノキシジルの内服薬は日本では未認可の薬なので、皮膚科のような保険治療ができる病院では処方できないという法律があります。

ミノキシジル内服薬を手に入れるためには保険適用外の治療しかしていない美容クリニックや薄毛治療を専門に行っているAGAクリニックへ行く必要があります。

これらのクリニックでミノキシジル内服薬が処方される分には法律に違反しないからです。

クリニックでの価格は薬そのものの値段以外に他の診療費がどれだけかかってくるかで差が開いてきますが、だいたい1ヶ月分が5000円~9000円程度が相場となっているようです。

個人輸入(海外から通販)を行なう

ミノキシジル内服薬を手に入れるもうひとつの方法が海外から薬を通販する個人輸入です。

ミノキシジル内服薬は日本では未認可なのですが、他の国では外用薬と同じように薬局で売っていても違反にならない薬なので、その国から通販して個人的に薬を輸入してしまおうというのがこの方法です。

個人輸入した薬はクリニックで処方してもらう薬よりも圧倒的に安いのが特徴で、2000円ほどで買えます。

ただし、どんなに重い副作用が出たとしても国が保証してくれないというデメリットもあるので必ずしも個人輸入が優れているというわけではないことには注意してください。

個人輸入については「個人輸入を徹底解説」で詳しい解説をしているのでこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

現在の日本で「本当に毛が生える」と認められている薬の成分は3種類ですが、そのうちの2種類はAGA治療専用なので、実質的にはミノキシジルのみしか存在しません。

逆に言えば、AGAでない薄毛の人にとってはミノキシジルが配合されていないものはすべて毛が生えない薬ということになります。
(もちろん、円形脱毛症などの「病気を治す薬」は除きます)

本当に毛が生える薬を探したいときはぜひ成分に「ミノキシジル」が含まれているかを確認してみてください。