抜け毛 発毛剤 髪の毛の雑学

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の初期脱毛は効いてる証拠!

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の初期脱毛について解説していきます。

ミノタブとは?

それではミノタブについてですが、ミノタブとは「ミノキシジル」という成分を配合した飲み薬のことです。

ミノキシジルは「ミノキシジルとは?効果と作用機序を徹底解説」で紹介していますが、毛を生やすというシンプルな効果を持っています。

ミノキシジル配合の薬で有名なのは大正製薬が販売する外用薬「リアップシリーズ」ですが、実は飲み薬もあるんですね。

ミノキシジルは国から「AGAの治療に使えますよ~」という強い効果が認められていますが、飲んだ場合は動悸やめまいなどの副作用が確認されています

使用の際は、効果だけでは無く副作用にも注意を向けておきましょう。

また、ミノキシジルという成分自体は国から効果を認められていますが、ミノタブは髪の毛に使うようの薬としては認められておらず、使う際は自己責任になってしまいます

ここでは軽くだけ触れましたが、ミノタブについて詳しく知りたい方は「ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果と副作用」をご覧ください。

初期脱毛とは?

それでは、ミノタブについて軽く復習した所で、本題の初期脱毛について説明していきましょう。

初期脱毛を簡単に説明すると、「成長しなくなった古い毛が新しく生えてきた毛に押し出されて抜ける現象」を指します。

詳しくは「薬を使ってるのに毛が抜ける?ミノキシジルで「初期脱毛」が起こる原因とその期間を徹底解説」を見てもらいたいのですが、人間の髪の毛は「ヘアサイクル」という周期によって成長・抜ける時間が決まっていて、成長が止まった毛は「休止期」という抜けるのを待つだけの期間を数ヶ月経て抜けていきます。

このとき、髪の毛を作っている毛母細胞も数ヶ月ほど髪の毛を作るのを止めて、ただ毛が抜けるのを待っているんです。

しかし、ミノタブを使うと毛母細胞が活性化し、休みを切り上げて髪の毛を早めに作り始めてしまうんですね。まだ毛穴には抜けるのを待っている髪の毛があるのに、です。

そうすれば、抜けるのを待っていた髪の毛は新しく生えてきた髪の毛に押し出される形になり、抜け落ちてしまうんですね。

初期脱毛はいつからいつまで?

それで、初期脱毛はいつ始まっていつ終わるのか?ってところなんですけど、正直これは個人差が大きくピッタリ当てることは難しいです。

AGAクリニックとかに行ってお医者さんに話を聞いても、大抵の場合「薬を使ってから1ヶ月位は初期脱毛で抜け毛が増えるよ~」というザックリとした説明しかしてもらえません。お医者さんでも大体しかわからないほど個人差があるということなんですね。

しかし、「計算上」であれば大体の抜け毛が始まる時期と、それが収まる時期を見ることができます。

こちらも詳しくは「薬を使ってるのに毛が抜ける?ミノキシジルで「初期脱毛」が起こる原因とその期間を徹底解説」を見てもらいたいのですが、抜け始めが使い始めてから大体10日~15日程度、それが収まるのが大体半月~1ヶ月程度です。

少し余裕に見て、使い始めてから10日~20日くらいの間に抜け毛が増えたら、それは初期脱毛だといえるでしょう

初期脱毛が起こらない人もいる!

実際に初期脱毛が起きるかは個人差があります。

例えばですが、休止毛が1本もなければ初期脱毛で抜けることはありません。当たり前と言っては当たり前ですね。

他には、抜け毛の数が少なくて初期脱毛が起きたことに気付かないというパターンがあります。

詳しくは「髪の毛は全部で12万本で1日に抜ける毛は68本!髪の毛の総本数から1日の抜け毛を数学的に解明」を見てもらいたいんですが、人間はどれだけ健康でも1日に平均68本抜けます

初期脱毛が起こったとしても、初期脱毛の数が少なく1日の抜け毛が平均80本とかなら初期脱毛が起こったと気付かないことも全然ありえるんですね。

また、これも例えばなんですけど、元々髪の毛が無かったり、坊主にして髪の毛が超短かったりしても気付かないです。

抜けてはいるんですけど、抜け毛が目に見えないので初期脱毛が起こったことに気付かないんですね。

こういった理由で初期脱毛に関しては起こる人と起こらない、または気付かない人もいるということを覚えておいてください。

ミノタブを飲んで初期脱毛が起きたら効いてる証拠!

「初期脱毛ってこんなんだよ~」って感じで説明したんですけど、勘違いして欲しくないのが、初期脱毛って全然悪いことじゃないんですよ。

先程の説明で気付いた人もいるかもしれませんが、初期脱毛で抜けるのって全部「元々抜けるつもりだった髪の毛」なんですね。

言い方を変えてもう一度言いますが、あとは抜けるだけだった髪の毛が、新しい髪の毛に押し出されてちょっと早めに抜けてしまっただけなんです。

確かに短い目で見れば初期脱毛はハゲ・薄毛が悪化してしまう悪者ではありますが、長い目で見れば、初期脱毛はミノタブが効いて新しく髪の毛が生えてくる合図でもあるんですね。

正直な話、初期脱毛は結構抜けますから焦ってしまう気持ちもわかります。

中には「このまま生えないかも…」と不安になる人もいるでしょう。

しかし、そんなときは初期脱毛の原因を思い出してみてください。初期脱毛が起きるってことは、抜けた髪の毛の下には既に新しい髪の毛が育ってきているんです。

初期脱毛を発見したら「抜けてしまった…」とネガティブになるのではなく「ちゃんと効いて生え始めてる!」とポジティブな気持ちになれば、ミノタブを使うのが楽しくなるのではないでしょうか。

つまり何が言いたいのかというと、「ミノタブを使うと初期脱毛が起こるけど、それは効いてる証拠で悲しいことじゃないんだよ」ってことです。

あまりにも長期間収まらないなら別の治療が必要かも…

初期脱毛が中々収まらない、具体的に言えば3ヶ月位経っても収まらなかったら要注意です。

先程も言いましたが、初期脱毛は元々抜ける髪の毛が押し出されて早めに抜けてしまうことなので、元々抜けるはずだった髪の毛が無くなれば初期脱毛は自然と治まります。

収まるまでの期間は個人差もありますから、かなり長めに見て2ヶ月位までは初期脱毛である可能性もあります。

しかし、流石に3ヶ月以上ともなると異常である可能性が非常に高く、さらに言うとそれは初期脱毛ではなく何かしらの脱毛症による抜け毛の可能性が高いです

ミノタブは言ってしまえば「髪の毛を生やすだけの薬」ですから、脱毛症の原因を取り除いているわけではありません。

なので、髪の毛を生やすのと同時に脱毛症によって抜けてしまうから抜け毛が減らない。というわけなんですね。

こうなると、ミノタブの発毛力が勝つか、脱毛症の抜け毛の量が勝つかみたいなレースになってしまうので、脱毛症自体の解決が必要になります。

もしも自分でどの脱毛症が原因かわからない場合は、ハゲ・薄毛に詳しい医師が診断してくれるAGAクリニックに行って正しい治療を受けることをおすすめします

まとめ

ミノタブは、毛を生やす効果があるミノキシジルの飲み薬です。

初期脱毛は新しい毛が早めに作られることで古い毛が早めに抜け落ちてしまう現象なので、抜ける本数に驚くかもしれませんが、押し出す毛が無くなれば自然と治まるので安心してください。

初期脱毛はミノタブが効いている証拠なので、「抜けちゃった…」とネガティブになるのではなく「ミノタブが効いてる!」とポジティブに考えることをおすすめします。