髪の毛の雑学

プロテインに薄毛改善の効果があるって本当?

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

プロテインに薄毛改善の効果はない!

結論から言うと、プロテインに薄毛を改善するような効果はありません。

なぜそれが断言できるかは「プロテインとはなにか」ということと、「薄毛はなぜ起こるのか」を理解することでわかります。

それぞれ見ていきましょう。

プロテインはたんぱく質の塊!

プロテインを薬だと思っている人は多いのですが、実際にはたんぱく質を効率良く摂取するための栄養補助食品(健康食品)でしかありません。

僅かにアミノ酸など他の成分も含まれていますが、プロテインはほとんどすべてがたんぱく質で構成されているのです。

そもそもプロテインという名前も英語で「たんぱく質」を意味する「protein」から来ています。

プロテインは文字どおり、ただのたんぱく質の塊なのです

すなわち「プロテインで薄毛が改善するのか」という疑問は「たんぱく質で薄毛が改善するのか」という疑問と同じであることがわかります。

実際のところはどうなのでしょうか。

男性の薄毛のメカニズムを見て見ましょう。

男性の薄毛はたんぱく質とは無関係!

いわゆる「M字ハゲ」や「てっぺんハゲ」といった男性特有の薄毛は遺伝と男性ホルモンが原因で起こっている『AGA(男性型脱毛症』という脱毛症によって引き起こされています。

詳しくは「AGA(エージーエー)とは?男性型脱毛症による薄毛・ハゲの原因と治し方!」の記事で解説しているのでこちらを参考にして欲しいのですが、ここで重要なのは、AGAが「遺伝」と「男性ホルモン」というふたつの要素が原因となって起こっていることです。

ということは、たんぱく質が薄毛を改善するためには遺伝か男性ホルモンのどちらかひとつにでも関わっていなければいけないわけです。

ですが、たんぱく質に遺伝子を操作するような能力はありませんし、男性ホルモンの分泌量が変化する効果もありません。

さらに言えば、円形脱毛症などその他の病的な脱毛症についてもたんぱく質を取るだけで改善するものはありません。

たんぱく質は薄毛の原因とは無関係なので、どれだけ摂取しても薄毛の改善には繋がらないのです。

薄毛を治療するには薄毛の原因に対処できる薬を使う必要があり、その薬は薄毛治療をしているクリニックに行かなければもらえません。

薄毛を改善したいのであれば、プロテインではなく医学的な薬を飲む必要があるのです。

唯一の例外として、日常的にたんぱく質をまったく摂っておらず、たんぱく質欠乏による抜け毛が起こっている場合はプロテインで改善することがあります。

ただ、たんぱく質は肉や魚、ご飯などの日常的に食べている食品に多く含まれるため、ほとんどの人が欠乏状態にはなりません。

極度のベジタリアンや絶食に近いダイエットをしている人でもない限りはそういった抜け毛であることは少ないでしょう。

プロテインは亜鉛と組み合わせると髪の毛に良いんじゃないの?

髪の毛に悪い影響は出ませんが、「髪の毛に良い」という表現も適切ではありません。

確かにたんぱく質と亜鉛は髪の毛を構成する成分となっているため、ある程度は必要不可欠な成分です。

しかしこれは言い換えればプロテインも亜鉛も「髪の毛の材料となっている成分」なだけであって、「髪の毛をよりよくしている成分」ではありません

日常的な食事でたんぱく質と亜鉛を十分に摂取できている人がプロテインと亜鉛のサプリを同時に取っても髪の毛が太くなるとか増えるとか、あるいは早く伸びるといった効果は得られないのです。

強いて言うのであれば、たんぱく質や亜鉛が足りていない人にとってはプロテインと亜鉛でたんぱく質を摂るという選択肢は良いものとなるでしょう。

ただ、その場合は亜鉛サプリとプロテインで栄養をバラバラに取るのではなく、サプリでまとめて摂取する方が効率的な上にその他の栄養素も補助できるため、こちらをおすすめします。

筋トレをやめれば薄毛が改善するって本当?

プロテイン繋がりで話題にのぼりやすいのが「筋トレのせいでハゲる」とか「筋トレをやめればハゲが治る」といった噂です。

実際のところ、薄毛の原因とは言えないまでも、筋トレが薄毛と関わっているのは本当です。

筋トレには男性ホルモンを増やす効果があり、男性ホルモンが原因となっているAGAは男性ホルモンが多ければ多いほど進行しやすくなるという特徴を持っているためです。

しかし、それが「筋トレをやめれば薄毛が治る」に繋がるかというとそういうわけではありません。

筋トレをしてもしなくても私たちの身体は男性ホルモンを分泌しています。

たとえ筋トレを止めたところで、男性ホルモンの分泌が止まるわけではないので、薄毛が改善することはないのです。

筋トレをやめることがまったくの無関係とまでは言いませんが、薄毛の進行を止めたり、改善できるくらいの効果は期待できません

改善したい場合は医学的な治療を行いましょう。

プロテインを飲んでるときに薄毛になったら飲まない方がいい?

プロテインを飲んでいるときに薄毛になったら原因がプロテインにあると考えてしまうかもしれませんが、薄毛の原因がプロテインでないのは間違いありません。

プロテインは髪の毛に良い効果をもたらさないと同時に悪い効果をもたらない物質でもあります。良くも悪くも薄毛とは無関係なのです。

なので、薄毛や抜け毛が気になったとしてもプロテインをやめる必要はありません

ただ、プロテインが薄毛の原因でないことは「プロテインを飲んでいるときにはハゲない」を意味するわけではないため、薄毛が気になり始めたらなんらかの脱毛症である可能性があります。

プロテイン服用中に薄毛が気になったらプロテインをやめるのではなく、まずは薄毛治療をしているクリニックを受診してください。

プロテインで薄毛改善はしない!薄毛が気になりはじめたらAGAクリニックへ

プロテインは髪の毛の材料であるたんぱく質であるという点から言えば髪の毛に良いものと言えなくもないですが、男性の薄毛である「AGA」の原因とはまったく関係がないため、薄毛改善効果に関しては絶対にないと断言できます。

これは亜鉛などと組み合わせた場合も同様で、あくまで髪の毛の材料となる成分を摂取しているに過ぎません。

もし薄毛が気になっていて改善したいのであれば、薄毛治療に対応しているクリニックへ行く必要があります。

薄毛を治す薬は病院でしかもらえないので、プロテインを飲んでいても意味はないからです。

また、薄毛を治すレベルでなくともなんらかの良い効果を髪の毛にもたらしたいという場合はたんぱく質しか摂れないプロテインよりも、サプリの方が人間に不足しがちな栄養を補助できるためおすすめです。