神奈川県

【横須賀市】安く生やせる!AGAクリニック治療費ランキング

▷当サイトでは発毛剤によるAGA治療で実際に薄毛を改善しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

AGA治療にはクリニックごとに治療費が大きく異なるという特徴があります。

これはAGA治療が『自由診療』という保険の適用されない治療方式であるため、クリニック側が自由に価格を決めてもいいと法律で決まっているからです。

「まったく同じ治療を受けたのに、あるクリニックAでの治療費は1万円で、別のクリニックBでは2万円だった」なんてことも珍しくありません。

実は、適当にクリニックを選ぶと、大きく損をしてしまうことがあるのです。

そこで、この記事では損せずAGA治療ができるようにAGA治療費の安さ(薬の価格+診療費の安さ)を判断基準としてクリニックを厳選しました。

低価格で薄毛治療を行いたい人はぜひ参考にしてみてください。

横須賀市で探すよりも横浜に行った方がお得!?

横須賀市近辺でAGA治療のできるクリニックを探している人には申し訳ないのですが、横須賀市には本格的にAGA治療を行なっているクリニックはありません

数件の皮膚科がAGA治療薬を1種類だけ処方しているのが現状で、さらに価格面から言ってもお得ではないです。

高い金額を支払って満足できない治療をしてしまう可能性が高く、よほどの理由がない限り横須賀市にこだわってクリニックを探すことは推奨できません。

そこでオススメしたいのが横浜まで足を運んで、都内最安値クラスの料金で治療が受けられる低価格クリニックを受診することです。

実は横浜はAGA治療専門クリニックの激戦区で、低価格で治療が受けられるクリニックが揃っています。

往復の交通費を考慮しても格安で治療が受けられるので、少しでも安く薄毛を治したい方はぜひ横浜の低価格クリニックを検討してみてください。

遠出できない方には遠隔診療がおすすめ!

「いくらお得でも横浜まで行くのはなあ……」と気後れしてしまう方におすすめなのが『遠隔診療』です。

遠隔診療とは、スマホやパソコンのテレビ通話機能を使って診察してもらう方式です。

カメラ越しではありますが、実際に医師の目で症状を確認できるので正式な診察として認められています。

実際にクリニックに行かなくても薬を処方してもらえるのが大きな特徴で、自宅にいながらにしてお医者さんに診察してもらえますし、薬は自宅まで郵送されてきます。

通販をしているような感覚で薬を処方してもらうことができるでしょう。

ただし注意点として、遠隔診療では通常の料金に加えてさらに追加料金がかかってしまうことが挙げられます。

実質的に遠隔診療用アプリの使用料である「予約料」と薬を自宅まで届ける際の「送料」が必要となるので、病院に行って薬を処方してもらうよりも1,000円ほど高くなってしまうのです。

とは言っても、横須賀市のクリニックに通うよりも遠隔診療で薬を処方してもらう方が安いのは間違いありません。

なので、クリニックのために遠出したくないという方には病院に行くよりも遠隔診療を受けることをおすすめします。

その他横須賀市のクリニック

低価格クリニックを選ぶのが賢い選択なワケ

安いクリニックを選ぶと「安かろう悪かろう」なんじゃないかと不安になってしまいますよね。

でも安心してください。AGAクリニック選びに関しては値段が安くても高品質で安心できるクリニックはたくさんあります。

それどころか低価格クリニックを選ぶことはかなり賢い選択と言えるでしょう。

なぜならAGA治療には、

  • 薬の品質は価格を問わず同じ
  • 治療期間が長くなるので治療費が積み重なる

というふたつの特徴があるからです。

薬の品質は価格を問わず同じなので安いほうがお得

少なくとも日本で作られた薬に関して言えば、品質が厳格に定められているので粗悪品が出回ることはまずないと言っていいです。

出て来る薬がプロペシアなら4,000円だろうと7,000円だろうと、それはまったく同じ薬です

たとえば「4,000円のプロペシアは7,000円のプロペシアよりも素材の質が悪く効きづらい」ということは起こりえません。

じゃあこの3,000円の差はなにかというと、最初の方で少し触れた「クリニック側が自由に価格を決められる自由診療」の問題なのです。

あるクリニックが「プロペシアを4,000円で処方しよう」と思えば4,000円になりますし、別のクリニックが「うちは7,000円で処方しよう」と思えば7,000円になります。

クリニックが値段を自由に決めているだけで、薬の品質に差があるわけではないのです。

AGA治療は長期間続くので積み重なる治療費が大きい

左:HAELIER編集長 大ちゃん  右:『AGAスキンクリニック』院長 西垣先生

AGA治療は年単位で行う治療なので、治療費はどんどん積み重なっていきます。

HAELIER編集長の大ちゃんは薄毛がかなり進行しているというのもあって「髪の毛を限界まで改善するのに3年かかる」と言われました。

3年間薬を飲み続けるということは、もし相場よりも3,000円安く薬を買うことができれば36ヶ月×3,000円で108,000円も得することになります。

逆に言えば、高い薬を飲み続けると差額の36倍の負担が自分にのしかかってくるということです。

このように、金額の差は時間とともに大きくなっていくので、負担を減らすためには少しでも安くしておいた方がいいのです。

金額度外視で治療の豊富さ・サービスの手厚さを重視するのもアリ!

診察をする医師

さんざん「安さが重要!」と語っておきながら、実はHAELIER編集長のAGA治療費は1ヶ月あたり約12万円と、決して安いとは言えない金額がかかっています。

これは低価格クリニックなら1年間治療できるくらいの金額を1ヶ月で支払っている計算です。

なぜこれだけの金額をかけているかというと、彼が安さ以上に「治療法の豊富さとサービスの手厚さ」を重要視して治療プランを組んだからです。

先ほども少し触れましたが、HAELIER編集長のAGAはかなり進行していて「限界まで改善するのに3年かかる」と言われています。

このとき、彼は「3年あれば治る」と前向きな気持ちにもなったのですが、それ以上に「3年も待てないからできるだけ早く治したい」という気持ちが強くなったんですね。

なので、普通に薬を飲むだけでなくメソセラピーのようなその他の治療法もできるかぎり取り入れようと思ったのです。

HAELIER編集長の大ちゃんは、いま『AGAスキンクリニック』に通院して、

  • プロペシア(AGAの進行を止める飲み薬)
  • ミノキシジル内服(毛を生やす飲み薬)
  • ミノキシジル外用(毛を生やす塗り薬)
  • メソセラピー(毛根を活発化させる頭皮注射)
  • 栄養サプリメント(髪の毛に必要なビタミンなど)

というプランで治療しています。

一般的に、AGA治療はプロペシア+ミノキシジル(内服or外用)だけでも改善していくとされています。

単に改善だけを求めるならふたつの薬だけでいいわけです。

ですが、大ちゃんはミノキシジルは内服薬と外用薬のどちらも使い、さらに頭皮注射のメソセラピーとビタミン類のサプリメントも追加しています。

治療プランをどんどん増やしていくのは「治療費を安くする」のとは真逆ですが、「できるだけ効果的な治療にする」という目的なら間違いではありません。

治療の負担を減らすために安くすることも賢い選択なのですが、彼のように価格を度外視して効果を追求することもまた良い選択ではあるのです。

自分が価格重視なのか、効果・サービス重視なのかはクリニック選びをする上で理解しておいた方がいいでしょう。

安さよりも選択肢の多さを追求したい人には『AGAスキンクリニック』がおすすめ

最後の一押しに無料カウンセリングもおすすめ!

病院選びで失敗しないためのコツとしてぜひ知っておいてもらいたいのが「無料カウンセリング」の存在です。

薄毛治療に関するカウンセリングを無料で行なっているクリニックがあります。

自分の症状に合わせた治療プラン、必要な治療費など、基本的なことを専門家に無料で相談することができます。

無料カウンセリングを受けることでそのクリニックの雰囲気がわかりますし、個人の症状に合わせたプランから詳細な価格を知ることもできます。

特に料金設定が「○○円〜××円」のように変動しているクリニックは無料カウンセリングを受けて価格を知っておかないと、支払い時に驚くことになるかもしれません。

HAELIER編集長の大ちゃんが実際にAGAクリニックで無料カウンセリングを受けてきた体験記もあるので、興味のある方は「 秋葉原中央クリニック無料カウンセリング体験記【口コミ】」や「湘南美容クリニックAGA新宿院の無料カウンセリング体験記【口コミ】」の記事をご覧ください。無料カウンセリングについて詳しくわかります。

おすすめの低価格クリニック「湘南美容クリニック 横浜院」と「横浜中央クリニック」の予約はこちらから

AGA治療は薄毛の進行を止める「プロペシア」と毛を生やす「ミノキシジル内服(ミノタブ)」のふたつを使って行うのが効果的です。

単体でも効果が出ないわけではありませんが、やはり同時使用した場合に比べると改善のレベルが下がってしまいます。

つまり、最安値でAGA治療をしていくにはプロペシアとミノキシジル内服の両方を最安値で手に入れる必要があるわけです。

ふたつの薬がひとつのクリニックで手に入るのが理想なのですが、HAELIERが調査したところプロペシアの最安値のクリニックは『湘南美容外科クリニック』でミノキシジル内服の最安値は『新宿中央クリニック』でした。

なので、最安値でAGA治療をしたい方は湘南美容外科クリニックと横浜中央クリニックの2院を受診して、プロペシアとミノタブを別々に処方してもらってください。ひとつのクリニックだけで済ませるよりも圧倒的に安くなります。

たとえばプロペシアが最安値の湘南美容外科クリニックでは、ミノキシジル内服と組み合わせた治療を行おうとすると17,550円かかります。

そして、ミノキシジル内服が最安値の横浜中央クリニックでプロペシアと組み合わせた治療を行おうとすると、11,880円かかってしまいます。

ですが、最安値の湘南美容外科クリニックでプロペシアのみを処方してもらい、ミノキシジル内服は横浜中央クリニックで処方してもらうと治療費の合計は7,320円です。

つまり、「湘南美容外科・横浜中央掛け持ちプラン」なら3,000円以上安くなるのです。

ふたつの病院に行かなければならないのは面倒ですが、まとめて6ヶ月分〜1年分ほど処方してもらうこともできるので、少なく見積もっても半年に1回行くだけで済みます。

それに、クリニックの掛け持ちにはメリットもあります。

医師からの診察を2回受けられるので、自然とセカンドオピニオンの意見を聞くことができるのです。

髪の毛を見てくれる医師は多ければ多いほど診療内容に信頼性が出て来ます。

面倒な点もありますが、最安値治療を狙うならぜひ病院の掛け持ちをしてみてください。

AGA・薄毛治療に関するFAQ(よくある質問)

AGA治療を今すぐに始めるためには現時点で不安を潰しておくことも大切です。

この項目ではAGAやAGA治療に関する疑問・質問の中でも特によくある質問と、その答えをまとめました。

薄毛治療にまだ不安なところ、疑問点があるという方は目を通してみてください。

クリニックでAGAは治る?

クリニックで処方してもらった薬を飲めばAGAは改善します

薄毛の進行は止まりますし、毛も生やせるので、これを「治る」と呼ぶ人もいるでしょう。

ただ、医療の現場では薄毛の進行を止めたり毛を生やす薬を飲むことを「治す」ではなく「改善する」と呼んでいます。

理由は簡単で、AGAの進行は薬を飲んでいる間しか止まらないからです。薬を飲まなくなったら再び薄毛が進行してしまいます。

AGA治療では、どれだけ治療を続けても薬を飲まなくてもよくなる、いわゆる「完治」した状態にはならないのです。

ただ、抜け毛が止まって毛が生えてくるという意味では治ると言っていいでしょう。

自力で治すのは無理なの?

抜け毛をチェックする男性

AGAの進行を止める方法は現時点で病院の薬しかありません。

食事の改善や運動、頭皮マッサージのような個人的な対策はどれだけ行なってもAGAの進行を止められませんし、毛も生やせないんです。

薄毛の進行を止めたい、毛を生やしたいと考えているのであればクリニックを受診しましょう。

治療はすぐに終わる?

AGA治療は年単位を覚悟してください。

クリニックに行くとすぐに髪の毛が生えてくると思いがちですが、実際にはかなり気の長い治療が待っています。

治療期間には個人差が大きく出てきますが、誰が治療を受けても1〜2ヶ月でフサフサになることはまずありません。人間の髪の毛はどれだけ健康でも1ヶ月で1cmペースでしか伸びないからです。

一般的には薬を飲み始めてから効果が出て来るまでに半年、さらに満足のいく結果が出るまでに半年で合計1年かかるというのが多くの人の治療の流れです。HAELIER編集長のように薄毛が重度だと「限界まで改善するのに3年」と言われることもあります。

また、先ほども少し触れましたが、AGAは完治する脱毛症ではありません。

薬を飲み続けないと薄毛の進行が再開してしまうので、そういう意味では「治療はずっと続く」とも言えるでしょう。

おすすめの治療法は?

あなたがどのレベルで治療をしたいか、という点で変わってきます。

たとえばHAELIER編集長の大ちゃんは、

  • プロペシア(AGAの進行を止める飲み薬)
  • +ミノキシジル内服(毛を生やす飲み薬)
  • +ミノキシジル外用(毛を生やす塗り薬)
  • +メソセラピー(毛根の細胞を活発化させる頭皮注射)
  • +栄養サプリメント(髪の毛に必要なビタミンなど)

というプランで治療していますが、これがAGA治療で最善のプランというわけではありません。

これはいわば「金額度外視でできることは全部やりたい人向けプラン」なので、AGAが初期で現状維持さえできればいい人や治療費を下げて負担を減らしたい人には合わないのです。

具体的にどういった治療をしていくかというのは、以下のように薄毛改善の難易度ごとに治療を足していくのがいいでしょう。

  1. 今のまま髪の毛を維持したい→プロペシア
  2. 毛を増やして薄毛を改善したい→さらにミノキシジルを追加
  3. できることはすべてやりたい→さらにメソセラピーやサプリを追加
  4. 薬で毛が生えない場所にも生やしたい→自毛植毛手術

ちなみに、スタンダードなAGA治療はプロペシア+ミノキシジルでAGAの進行を止めつつ毛を生やすプランです。

そこにメソセラピーやサプリメントを加えるかどうかはその人の目的や予算で変わってくるでしょう。

ちょっと特殊なのが「自毛植毛」です。

これは「自分の毛根を薄毛部分に移植する」という手術で、毛を生やしたい位置に毛根を移植することで無理やり毛が生えてくるようにしています。

「植毛ってことは手術が終わればすぐにフサフサになるんだな!」と思うかもしれませんが、この手術で移植するのは髪の毛そのものではなく毛根なので、実際には毛根から毛が生えてくるまで数ヶ月待たなければなりません。

また、自毛植毛をしてもAGAが直接的に治るわけではないため、薄毛の進行を止めるためにプロペシアだけは飲み続ける必要があります

あくまで「生えないところから毛が生えるようにする」手術なだけで、AGAを完治させているわけではないのです。

自毛植毛については「薄毛治療に自毛植毛!改善の仕組みと注意点【必見】」で解説しているので、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

日常生活で気をつけることはある?タバコやお酒は?

お酒を飲むこと自体はOKなのですが、AGA治療の薬はアルコールとの相性が悪いため、飲酒の直前・直後に飲んではいけません。

具体的には薬と飲酒の間は8時間くらい時間を空けるようにしてください。それさえ守っていれば禁酒をする必要はありません。

タバコは特に相性が悪いわけでも無いので喫煙しても構いませんが、基本的に髪の毛を含んだ身体全体に良い影響がないので、可能なら禁煙すべきです。

そのほかには「十分な睡眠時間の確保」を心がけるようにしましょう。

成長ホルモンは夜間の睡眠中に出ているので、まったく眠れない生活を続けていると毛の成長が阻害されます。

最低でも4時間以上は睡眠時間を確保するようにしてください。

AGA治療に関する記事まとめ

ここではAGA治療に関する記事をまとめました。

AGAやAGA治療に関して知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

AGAそのものについての知識

AGAのメカニズムや原因、症状に関する記事です。