AGA(エージーエー)

頭のてっぺんがハゲる原因と効果的な薄毛対策【必読】

▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは頭のてっぺんがハゲてしまう原因とその対策を解説します。

てっぺんハゲは医学的な脱毛症「AGA」の可能性が高い!

頭のてっぺんがハゲてしまうのは『AGA(男性型脱毛症)』という男性特有の脱毛症である可能性が高いです。

AGAは遺伝と男性ホルモンが原因で起こる「医学的な脱毛症」で、血行の悪化や偏った食生活といった不健康が「原因で起こる脱毛症」ではありません。

頭のてっぺんからどんどん薄くなっていって、最終的にはいわゆる「かっぱのハゲ」のようになってしまうのが特徴です。

毛が細くなる症状が起こるため、つるんとハゲあがるのではなく、毛が徐々に細くなり隙間から頭皮が透けて見えるようになるという特徴があります。

AGAについては「AGA(エージーエー)とは?男性型脱毛症による薄毛・ハゲの原因と治し方!」の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はこちらの記事をごらんください。

てっぺんハゲは「親からの遺伝」と「男性ホルモン」に大きな原因が!

あなたはてっぺんハゲになってしまった責任がすべて自分にあると思っていませんか? 実はそれ、間違いなんです。

偏った食生活や睡眠不足などで生活習慣が悪化していると、ついついそれがてっぺんハゲの原因だと思ってしまいがちです。

確かに偏った食生活や睡眠不足は髪の毛にとって悪影響となりますから、それを改善することが髪の毛に大切なのは事実です。

しかし、てっぺんハゲが起こるのは「親から遺伝した遺伝子」と「男性ホルモン」が原因だったのです。

実は薄毛の人だけが持っている特殊な遺伝子があり、その遺伝子が男性ホルモンを薄毛物質に変えてしまう力を持っているのです。

この遺伝子の困ったところはふたつあります。

ひとつが「親からの遺伝なので消せないこと」、そしてもうひとつが「男なら出していて当たり前の男性ホルモンを薄毛の材料にしていること」です。

つまり、ハゲる原因に自分の責任や身体的な不健康はそれほど関係ないのです。

てっぺんハゲと血行は無関係!頭皮マッサージをしても治らない!

頭皮マッサージをする男性

頭皮マッサージの効果は「頭皮をほぐして血行を良くする」ことです。

しかし、先ほど説明したようにてっぺんハゲの原因は「遺伝子」と「男性ホルモン」ですから、血行がいいとか悪いとかはあまり関係がありません

残念ながら、どれだけ頭皮マッサージをしてもてっぺんハゲが治ることはないのです。

てっぺんハゲはシャンプーを変えても治らない!

繰り返しになりますが、てっぺんハゲは「遺伝」と「男性ホルモン」が組み合わさることで起こっています。

シャンプーは髪の毛や頭皮の汚れを洗い流す効果がありますが、男性ホルモンを減らしたり親からの遺伝をなかったことにする効果はありません。

髪の毛にとって重要であることは間違いないのですが、てっぺんハゲに限った話をすればシャンプーは無関係なのです。

通販でヘアケアグッズを買うのは無駄!?本当に治せる薬がほしいならクリニックへ行こう!

問診する医師

何度も何度も繰り返してしまってはいるのですが、てっぺんハゲの原因は「遺伝子」と「男性ホルモン」です。

つまり、遺伝子か男性ホルモンをどうにかすることができればてっぺんハゲは治すことができるわけです。

しかし、ここでひとつの問題が発生します。

遺伝子や男性ホルモンといった人間の身体にとって重要なものに関わってくるような薬は病院に行かないともらえないということです。

実は、てっぺんハゲは医学的には「病気」という扱いになっています。

上の方でも説明しましたが、てっぺんハゲは「AGA」や「男性型脱毛症」と呼ばれていて、日本に限らず世界各国の病院で治療の対象となっているのです。

なので、てっぺんハゲを治すには病気を治せる薬を使わないといけないのですが、日本の法律では「病気を治せるくらい強い効果を持った薬は通販で誰でも買えるような状態で売ってはいけない」と決まっています。病院にいって処方箋をもらったり、薬局で薬剤師さんからしっかり説明を受けないと手に入れることはできないのです。

逆に言えば、通販で誰でも気軽に買えるようなヘアケアグッズはてっぺんハゲを治せるような強い効果は持っていないということになります。

本当にてっぺんハゲを治せる薬が欲しいなら、薄毛治療を専門としている病院に行くのが良いでしょう。

てっぺんハゲを治りやすくするための対策3選!

本音を言えば「面倒だから病院なんかに行かず、自宅で簡単にでてっぺんハゲを治したい」という気持ちがあると思います。

ですが、残念ながらてっぺんハゲを自分だけで治すことはできないのです。

どうしてもお医者さんの力を借りて、てっぺんハゲを治す治療をしなければなりません。

ただ、医者に全部任せていればOKなのか、自分でできることはまったくないのかと言えば、答えはNOです。

確かにひとりで「てっぺんハゲを治す」ことはできません。しかし、「てっぺんハゲの治療がしやすくなる環境づくり」はあなたの対策次第なのです。

てっぺんハゲを治しやすくするためにも、次の3つの対策を覚えておきましょう。

栄養不足で毛が抜ける!?栄養バランスのいい食事は必須

栄養バランスの良い和食

私たちが食事をしなければなにもできないように、髪の毛も栄養がないと成長できません。

髪の毛にもしっかり栄養が行き渡るように毎日3食、健康的な食事を取りましょう

髪の毛に良い食事や栄養については「髪に良い食材でハゲを防止する!?ハゲ・薄毛予防に効く食生活で育毛しよう!」の記事で解説しています。こちらの記事も合わせてご覧ください。

昼夜逆転で毛の成長が遅くなる!夜にしっかり7時間半寝よう

髪の毛を成長させるための成長ホルモンは私たちが夜寝ているときに分泌されるという特徴があります。

夜更かしして全然寝ていなかったり、昼夜逆転生活で寝ているのが昼だったりすると成長ホルモンは分泌されにくくなります。

成長ホルモンをしっかり出すためにも、夜は最低7時間半寝るようにしましょう。

睡眠と髪の毛の関係については「寝ないと髪は育たない!自律神経がもたらす眠りと抜け毛の関係と、育毛のための睡眠方法を徹底解説」の記事でも解説しているので、興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

ストレスの溜めすぎは髪の毛にも悪影響が!ストレスは定期的に解消しよう

強いストレスも成長ホルモンを分泌しづらくしてしまう原因のひとつです。

毎日ストレスを感じながらそれを溜め込んでしまっていると、成長ホルモンが出にくくなってしまうのです。

ストレスを溜め込むのは髪の毛だけでなく精神的にもよくないので、定期的にストレス解消をするようにしましょう。

見た目が気になるなら隠すのもアリ!

てっぺんハゲの治療は長い時間がかかってしまうことも多く、見た目を良くするためにも「隠す」という対策は大事です。

てっぺんハゲが見えたままなのでストレスにも繋がってしまいますからね。

バレないようにオシャレにてっぺんハゲを隠す方法は「【画像あり】てっぺんハゲでも似合う髪型7選とバレないための5つの方法」で解説しているので、気になった方はこちらの記事もごらんください。

まとめ

頭のてっぺんがハゲてしまうのは「AGA」という脱毛症であることが多く、医学的な治療をしなければ治らない可能性があります。

残念ながら、一般的な育毛方法として知られている頭皮マッサージやヘアケアグッズは医学的な脱毛症であるてっぺんハゲには効果がありません。

本当に治る薬が欲しい場合はAGA専門のクリニックへ行く必要があります。

ただ、医学的な治療を効果的に行う上での対策は重要なので、生活習慣の改善やストレス解消といった「治療のための土台づくり」の対策はしっかりと行うようにしましょう。