AGA(エージーエー) 髪の毛の基礎知識

はげ・薄毛を本当に回復するための正しい知識

▷当サイトでは発毛剤によるAGA治療で実際に薄毛を改善しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング

このページでは、薄毛・はげの回復方法について解説します。

ざっくりとでいいから短くまとめて欲しい人向け

男性の薄毛はそのほとんどがAGAという脱毛症によって引き起こされている。

AGAは身体の正常な反応で毛が抜けているので、現代医学では「完治」させることができない。ただし、薬の力で無理やり身体の反応を押さえつけるか、外科手術で毛を移植するという医学的な治療を行うことで毛を生やすことは可能。

薄毛の男性が毛を生やす方法は医学的な治療以外にない。通販サイトや薬局で打っているような育毛剤・育毛シャンプーをどれだけ使っても毛は生えない。

薄毛を回復させたいなら「AGAクリニックおすすめランキング」で紹介しているような薄毛治療専門のクリニックを受診しよう。

薄毛とは?

風邪という名前の病気が存在しないように、薄毛という名前の脱毛症もありません。

ただ髪の毛が細くなったり、抜けてしまったりして頭皮が露出してしまっている状態のことを薄毛と呼んでいるだけです。

ですので、まずは「薄毛とは何か」について明確に定義しておかなければ薄毛の回復について語ることはできません。

ここでは「薄毛=AGA(男性型脱毛症)」という定義で話を進めさせていただきます。

これは薄毛に悩む男性のほとんどがAGAによる薄毛で悩んでいるからです。

回復とは?

抜け毛をチェックする男性

さて、薄毛を定義したので次は「回復」も定義しなければなりません。

あなたが何の気なしに考えている「回復」という概念はとても曖昧な言葉なので、私の考える「回復」とあなたの考える「回復」はおそらく異なるでしょう。

ですので、ここで「回復とは何か?」も定義しておきましょう。

国語辞典を引くと回復は「悪い状態だったものがもとどおりになること」という意味になっています。

もとどおりになるというイメージから「回復=病気の完治」と考えている人も多いでしょうが、この記事においての「回復」とは「薬や外科手術によって、自分が満足できるくらいに毛が生えること」と定義します。

これはなぜかというと、薄毛になった頭は絶対にもとどおりにならない。つまり、完治しないからです。

薄毛は完治しない!

完治とは、病気が完全に治り、治療をしなくても症状が出なくなることを指します。

薄毛治療においては「薄毛になる前と同じくらい毛が生えてきて、治療しなくても自然と毛が生え続けてくる状態になる」ということが薄毛の完治と言えます。

しかしながら、現代医学ではどれだけ最先端の治療をしたとしても「治療なしで毛が生えてくる」状況になることはありえません

なぜなら、薄毛は身体的な異常ではなく、むしろ正常な反応によって起こっているできごとだからです。

ただし、薄毛がどんどん改善してきて薬の量が減ったり、しばらく薬を飲まなくてもよくなる期間ができることがあります。

これを医学用語で寛解(かんかい)と言います。寛解は「症状が軽くなったり、一時的に落ち着いた」という状況なので完治ではありません。

薄毛は寛解まではできるのですが、完治はできないのです。

薄毛は正常なできごと!?

薄毛のことを「身体に異常が発生して起こった病気」だと考えている人は多くいます。

ですが、実施にはその認識は大きく間違っているのです。

これはAGAのメカニズムについて知ることで理解することができます。

AGAによる薄毛のメカニズム

毛の成長を促す男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」

男性の身体で多く作られている男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」には毛を太くする効果があります。

男性は太く硬いヒゲが生えるのに女性には男性のようなヒゲが生えないのも、男性の身体が女性よりもはるかに多い男性ホルモンを分泌しているからです。

ただし、この「男性ホルモンが毛の成長を促す」というのはAGAの人にだけは当てはまりません。

それどころか、DHTが多ければ多いほど毛の成長を阻害され、毛が抜けるようになってしまうのです。

毛を濃くするはずの男性ホルモンで毛が抜けてしまう遺伝子「男性ホルモン受容体」

なぜAGAの人だけDHT抜け毛につながるのか。そしてなぜそれが男性全員に起こらないのか。

それには遺伝が大きく関係しています。

頭頂部と前髪の毛根は「男性ホルモン受容体」という特殊な遺伝子を持っていることがあります。

男性ホルモン受容体はDHTと結びつくと、抜け毛を誘発する物質「脱毛因子」を作り出します。

少し専門的な話をすると髪の毛は毛根にある「毛母細胞」という細胞が細胞分裂することによって作られているのですが、脱毛因子はその毛母細胞が細胞分裂しないようにはたらきかけてしまうんですね。

毛母細胞の細胞分裂が止まれば当然、髪の毛が伸びることはなくなりますし、そのまま抜け落ちてしまいます。

要するに、毛を濃くするはずの男性ホルモンを抜け毛物質に変えてしまう遺伝子が存在するのです。

そしてこの男性ホルモン受容体を持っているかどうかが遺伝によって決定します。

昔から「ハゲは遺伝する」とよく言われてますよね。

「ハゲの親から生まれた子供はハゲになりやすい」ということですが、あの迷信はあながち間違いではないのです。

「ハゲは遺伝する」は医学的に言えば「AGAの原因である男性ホルモン受容体が遺伝する」ということだったんですね。

薄毛が回復する医学的治療

薄毛を回復させるためには医学的治療を行うしかありません。

そこで、ここでは薄毛を回復できる医学的治療を紹介していきます。

医学的な治療は薄毛治療を専門としているAGAクリニックで受けることができるので、もし受けてみたくなったら「AGAクリニックおすすめランキング」を参考にして、自分が通いやすいAGAクリニックを探してみて下さい。

発毛剤治療

多くの人が選択している薄毛治療法が発毛剤治療です。

発毛剤治療とは「毛が生える」、「AGAの進行を止められる」という効果が国によって認められた薬を使って薄毛を治療する方法です。

発毛剤は主に「プロペシア」と「ミノキシジル」というふたつの発毛剤が使われます。

プロペシア(フィナステリド)

『プロペシア』(フィナステリド)はAGAの原因となっている男性ホルモン「DHT」の生成を抑える薬です。

DHTは体内にある「5α-リダクターゼ」という酵素が作っているのですが、プロペシアはその酵素がはたらかないように押さえつけることができるのです。

たとえ男性ホルモン受容体を遺伝していたとしても、DHTがなければ受容体は脱毛因子を作ることができません。

よって、プロペシアを飲むことでAGAの原因を実質的に取り除けるため、薄毛の進行を止めることができるのです。

プロペシアについて、もっと詳しく知りたくなった方は「プロペシアを徹底解説」を参考にしてください。

ミノキシジル

プロペシアはAGAの原因を阻害するだけなので、抜け毛を止めた後に毛が生えるかどうかは本人の身体次第という弱点があります。

症状が初期の人であればプロペシアだけでも十分に発毛するのですが、症状が進行している人だと毛がなかなか生えてこないケースも少なくありません。

そこで登場するのが『ミノキシジル』です。

ミノキシジルには毛を生やす効果があり、プロペシアでAGAを阻害した状態で使えば抜け毛に悩まされることなく髪の毛を増やすことができます

このAGA阻害のプロペシアと毛生え薬のミノキシジルのコンボで薄毛を治療して行くのが現在の発毛剤治療のスタンダードとなっています。

詳しくは「プロペシアとミノキシジルの発毛剤治療を徹底解説」で解説していますので、より詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

自毛植毛

植毛は薄毛の部分に毛(毛根)を移植する外科手術です。特に自分の毛を採取して薄毛の部分に移植する手術のことを自毛植毛と呼びます。

昔は植毛といえば人工毛を植毛していましたが、人工の毛を頭皮に移植するのは拒否反応のリスクなどから安全性に欠けることから現在では禁止されている国が多いです。日本でも禁止こそされてはいませんが年々廃れてきています。

自毛植毛の特徴はAGAでは抜けない毛を移植できるところです。

実はAGAの男性でも側頭部や後頭部の毛はAGAによって抜けないという特徴を持っていて、その特徴が移植後にも引き継がれるのです。

しかも、人工毛ではなく自分の毛根を移植しているため、自毛植毛に成功すればその後は特殊な薬品や器具を使わなくても半永久的にその毛が生え続けます

自毛植毛については「自毛植毛を徹底解説」の記事が詳しいので、もっと知りたい方はこちらを参考にしてください。

HARG治療

HARG治療

「HARG治療」は頭皮に直接「HARGカクテル」という、発毛剤成分と髪の毛の成長因子を配合した専用の薬剤を注入することで、乱れたヘアサイクルを正常に戻すという治療法です。

感覚的には発毛剤治療を注射で行なっているのに近いですが、AGAだけでなく女性の薄毛を含む「ヘアサイクルの乱れによって引き起こされる脱毛」を治すという、万能薄毛対策のような位置づけとなっています。

HARG治療は効果に大きく個人差があるのが特徴です。

とある口コミサイトでは6割の人が「効果がなかった。高い金を無駄にしただけ」と酷評している一方で、4割の人は「効果が出てきた。満足している」とHARG治療を支持しています。

発毛剤治療も全員に効果があるわけではありませんが、発毛剤治療が3年で8割の人に改善効果が見られた(=2割の人に効果がなかった)という実験結果を出している一方で、口コミとはいえ6割もの人に効果が見られない治療というのは少々リスクが高いような気がします。

個人的にはあまりおすすめできない治療法なのですが、一応こういった選択肢もあるということは知っておいてください。

HARG治療についてもっと詳しく知りたい方は「HARG治療を徹底解説」の記事を参考にしてください。

薄毛治療の効果をできるだけ効果的にするための生活習慣改善!

既に説明したとおり、AGAは健康そのものでも進行していきます。遺伝と男性ホルモンという原因が身体的な不調ではないからです。

ですが、だからといって不健康でいてもOKというわけではありません。

生活習慣の乱れが直接的にAGAを引き起こしたり、生活習慣の改善をすることが根本的なAGAの治療にならなくても、生活習慣が悪い人よりも良い人の方がAGAの進行が遅くなったという体験談もあります。健康状態はAGAの進行に少なからず影響を与えているのです。

そこでどのように生活習慣を改善していけばいいのか、どういった生活習慣が優れているのかを解説していきます。

食生活の改善

栄養バランスの良い和食

私たちは何をするにも「栄養」という燃料を必要としています。

自分では何もしていないと思っていても、脳がはたらいていたり、呼吸をしていたり、あらゆるところで栄養が使われているわけです。

そして当然、髪の毛の成長にも栄養が使われています。髪の毛は十分な栄養がなければ成長できないのです。

もし偏食や絶食といった乱れた食生活を続けていると、髪の毛に渡す栄養が足りなくなって毛が細くなったり、抜けてしまうことがあります

「薄毛を治せる食べもの」なんてものは存在しないので特定の食品を選んで食べる必要はありませんが、1日3食できるだけバランスの良い食事を心がけましょう。

食事と髪の毛の関係については「薄毛予防に効く食生活」の記事で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてください。

睡眠不足の改善

私たちの髪の毛は主に夜、寝ている間に成長しています。これは自律神経という髪の毛の成長を司る神経が「夜」かつ「寝ている間」でなければ正常に稼働しないからです。

それ以外のタイミングでは自律神経のはたらきが活発にならないため、夜更かししすぎて睡眠時間が減ったり、昼夜逆転生活をしていて夜間に睡眠が取れていなかったりすると髪の毛の成長があまり促されなくなるのです

よって、薄毛対策において夜間に十分な睡眠を取ることはとても重要になってきます。

具体的に何時からどれくらいの睡眠時間を確保すればいいのかというのは色々な学者が議論をしている真っ最中なので、「これが唯一の正解」というものは存在しません。

よく「睡眠にはゴールデンタイムがある」と言われていますが、アレだって別に医学的な根拠はないのです。

ただ、「睡眠時間が短すぎるのは良くない」「眠りにつく時間が遅すぎるのはよくない」という意見はほとんどすべての学者の間で一致しています。

意見を総合すると「睡眠時間は7時間前後」で寝る時間は「最低でも1時くらいまでには寝ていたい」あたりが必要な睡眠時間として考えられそうです。

睡眠と髪の毛の関係については「睡眠と髪の毛の関係を徹底解説」の記事が詳しいので、もっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

ストレスの発散

人は強いストレスを長期間感じ続けていると自律神経が乱れてしまいます。

先ほども解説しましたが、自律神経の乱れは髪の毛の成長を阻害することに繋がってしまうため、強いストレスを受け続けないことも重要です。

とはいっても「生活からストレスを完全排除しろ」なんて対策は不可能ですよね。そもそも「ストレスを感じないようにしよう」と心がけること自体がすでにストレスであるという矛盾も孕んでいます。

ですので、「ストレスを感じないようにする」のではなくて「定期的にストレスを発散する」ことを心がけてください。

解消法は問いません。寝ることでも食べることでも歌うことでも、なんでもOKです。

ストレスと髪の毛の関係については「「ストレスと脱毛の関係」の記事をご覧ください。

まとめ

薄毛は遺伝と男性ホルモンが原因で起こる「AGA」という脱毛症です。

AGAは身体がどれだけ健康でも着実に進行していくため、回復には医学的な治療をしなければなりません。

AGA治療は薄毛治療を専門としているAGAクリニックで受けられますので、「AGAクリニックおすすめランキング」を参考にして、自分が通いやすいAGAクリニックを探してみて下さい。

▷当サイトはAGA治療で劇的なビフォーアフターを体現しています。
【画像あり】AGA治療経過ブログ【毛が生えて肌が見えなくなった!】
▼当サイトでネット申し込みが多いAGAクリニックはこちら!
【1位】湘南美容外科クリニック 独自開発のプロペシアが最安値!
【2位】AGAスキンクリニック
【3位】AGAヘアクリニック※遠隔診療
▼当サイトで人気の記事はこちら!
【東京都内】治療費が安いAGAクリニックおすすめランキング